ネイサン・ハースがCofidisへ

現在Katusha-AlpecinのNathan Haas(ワシ称、オネーサン)が、Cofidisへ移籍する。



一見するとワールドツアーチームからプロコンチネンタルチームへの都落ちみたいにも見えるけど、そもそもKatusha-Alpecinといチームが来期からどうなるか全くわからず、一方でCofidisは来期からワールドツアーチームへの昇格すると言われている。よって、実質的にはワールドツアーチームからワールドツアーチームへの移籍となる。

契約は2年。

Nathan Haasはオーストラリア人。Cofidisに所属する同国出身者は、かつて同チームにいたStuart O’Grady以来の2人目となる。

ガンガン逃げるのが得意な選手やから、Cofidisでも大事な逃げを担う選手となるなろね。Cofidisの戦略の幅を広げられる選手の1人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください