カラパスとキンタナの移籍発表

みんなもう知ってるやろうけど、いちおう備忘録的な感じで記録をしておくブヒ。



(1)Nairo QuintanaはArkéa-Samsicへ移籍。どこか間抜けな動画をチームは投下




かねてからずっと噂されていたようにMovistarのエース、コロンビア村長ことNairo QuintanaがプロコンのArkéa-Samsicへ移籍する。3年契約。

なぜか今のブエルタでやたら元気なNairo Quintanaである。まだ29歳。

まだ29歳です。29です。29です。29っつってんだろ!60歳じゃないんだよ!

ただし、Arkéa-Samsic現状ではプロコンといえどワールドツアー昇格に向けて積極的に戦力の補強&増大に動いてる。おそらくかなりの金銭的な余裕があるのやろう。スポンサーの安定度が高いのか。

それゆえ今回の村長とともに、チームIneosからDiego Rosa、MovistarからWinner Anacona、そしてプロコンNeri Sottoli–Selle Italia–KTMから村長の弟Dayer Quintanaも移籍する。これらはまさにNairo Quintanaのための強力なスーパーアシスト陣となる。

これで、Warren Barguilとともに山岳エースが揃ってきた。Diego Rosaがオールラウンダーやけど、チームとしてはまだちょっとオールラウンダーが弱い気がする。強力な平坦での牽引役・リーダー役がいないか。チームIneosでいうならば、KWSKやLukeなどに相当する選手が足りてない。

なのでグランツール総合争いは厳しいか。まずは山岳賞狙いと、山岳ステージで勝利を積み重ねるというのが現実的か?ただ、山岳ステージでの勝利を重ねれば当然に表彰台は近づくから、あとは運次第?

André Greipelもいるけど、さすがにドイツ製ゴリラ1匹じゃ長い平坦はつらいし、ゴリラは来年どうするかまだわからないし。

今回チームは、村長の移籍を発表するために専用の動画を作成し公開している。どっかマヌケな雰囲気の動画ブヒ。それがこれ。



うーん、このセンス。これがおフランスのセンスなのか。これにフランスの香りやエスプリを感じられないブタはまだまだ精進が足りないようや。

(2) Richard CarapazはIneosへ




こちらも噂どおりの移籍となった。3年契約。特に書くことなし。ただNairo Quintana(そしてAnaconaも)やMikel Landaの移籍もあるだけに、Movistarが大幅に弱体化するから、来年のMovistarは辛いなとは思う。

あ、でも、そもそも3人エース体制でほとんど成功してなかったから、別に変らないかも(呆れ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください