【朗報】大怪我のファン・アールトが外でバイクに乗れるほど回復



2か月ほど前のツール・ド・フランスの第13ステージ。個人タイムトライアルのレース中にゴール前のフェンスにぶつかり、股間から臀部が裂けるという酷い重傷を負ったWout van Aert。

シクロクロス世界王者という経歴をひっさげ衝撃的なロードレースデビューを果たすもなかなか優勝はできずじまいだった。しかし、今年はようやくロードレースでも初勝利を挙げ、そしてその後も順調に勝利を重ねた。ついにビッグウェーブに乗ったかと思われた矢先の大事故となった。

そして昨日、約2か月に及ぶ治療とリハビリの結果ついに、電動バイクではあるものの外で自転車に乗ることに成功した。そのデータがStravaのアカウントにアップされている。

ワウト・ファン・アールトStrava
©Strava



乗ったのはたった7.49㎞やけど、本人にとって大きな一歩となったに違いない。リハビリが順調に進んでいるのは間違いないと思う。外で運動できるってのは精神的に楽になるやろうから、次のリハビリへの意欲となりそうやね。

まだまだ復帰は未定やけど、あせらずがんばってほしいね。ちなみに、同じく選手生命が失われる危険があったレベルの落車をCritérium du Dauphinéでしてしまい、重傷を負ったどっかの誰かさんは台所で親指を包丁で切って、まーた病院に逆戻りしたらしいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください