Loading...
ニュース

【2019ブエルタ第17ステージ】サム・ベネットの驚愕のデータ

Aston Martin Red Bull Racing

2019ブエルタ第17ステージは強い追い風が吹き荒れる1日となった。Deceuninck-QuickStepのPhilippe Gilbertは、「54×11をレース中ずっとぶん回し続けたわ。こんなの初めて!(キャッキャ)」と話す。



まるでシーズンイン直後の中東のレースを見ているみたいやった。

そんな爆速のレースとなった第17ステージにおける驚愕の記録をご紹介。時間ごとの最高速データとなる。

以下の走行時の最高速データは、BoraのスプリンターSam Bennettのもの。どれだけ昨日が前代未聞クラスの爆速レースだったのかよくわかると思う。

時速(キロ)持続時間
1002秒
99.85秒
99.410秒
99.312秒
98.620秒
97.330秒
91.11分
82.92分
76.45分
75.26分
72.510分
70.912分
65.520分
62.930分
54.860分

(情報源:Stickybottle,”Sam Bennett’s peak speed data for epic Vuelta stage is eye-watering“)

最高速は2秒間の100キロ!時速90キロオーバーを1分間!時速70キロ以上の時間が約36分以上も続いた。もうめちゃくちゃですわ。そら、54×11でもギア足りひんわ。

平地で時速70㎞以上を40分近く味わってみたいわ。どんな世界が見えるのやら。
アイキャンフライ。


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」