世界選でバウク・モレマはフロントシングルのTrek Madone SLR 9 Disc!



Trekの総合系選手でオランダ人、そして世界選でオランダ代表チームのメンバーでもあるBauke Mollema。そろそろいい歳。

今年の世界選ロードレースは距離285㎞で獲得標高が3,645m

なんとMollemaは、それにフロントシングル(1x52T)で参戦するもよう。マジかよ。



情報源:Check out Bauke Mollema’s incredible 1x Trek Madone for the World Championships

Bauke Mollemaの世界選バイクは上の情報源記事にいっぱい画像あるからそれを見といてね。

MollemaのバイクはTrek Madone SLR 9 Disc。それにSram Red eTap AXS フロントシングル、そしてQuarq DUBのパワーメーター。

おそらくオランダのエースは化け物・宇宙人Mathieu van der Poelとなるはずで、彼をアシストするのがMollemaの役割となるはず。

距離285㎞というのは現在最長のクラシック、ミラノ~サンレモに次ぐ今年2番目の長距離。

しかし、ミラノ~サンレモとの決定的な違いは獲得標高。上述のように今年の世界選は1日で3800m以上のUPとなる。それに52Tひとつで挑む。やべーわ。

普通そういう過酷なレースほどプロは機材面で保守的になる。使い慣れてる機材とセッティングを選ぶ。しかしBauke Mollemaは攻めてきた。尖ってますねぇ!

なおMollemaのバイクはフロントシングルという点だけでなく、彼のためのカスタムペイントもなかなかかっこいい。ぜひ、情報源でじっくりと御覧になっていただきたい。見やがれ。

それにしてもクランクのデザインは激しくダサい。なんやあの板…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください