【代理人vsMovistar】アスタナが若手スペイン人クライマーOscar Rodríguezを獲得

今年で消滅する予定のバスクのプロコンチネンタルチームEuskadi Murias。それに所属するOscar Rodríguez がAstanaへ移籍することに決定した。



Oscar Rodríguezはスペイン期待の若手クライマー、24歳。去年のVuelta a Españaの第13ステージで優勝した。Astanaとは2年契約となる。だが、話はここで終わらない。実は昨日の記事と関係がある。





今回の移籍にも「イタリア人代理人 vs Movistar」が関係か



さて、今回のAstanaとの契約には「またあのイタリア人の代理人」がからんでいる。「またあの」というのは、昨日こういう記事を書いたから。



その記事で書いたのは、

  • Giuseppe Acquadroというイタリア人の代理人がいること
  • その人物はNairo Quintana、Richard Carapaz、Egan Bernalなど特にラテン系の有力選手の代理人として活動していること
  • さらにMovistarとのその代理人との間で険悪なムードになっていること
  • Movistarのボスが「もうこの代理人の選手とは契約しない!」という感じになっていること


ということ。

そして実は、この代理人Giuseppe Acquadroは、Oscar Rodríguezの代理人でもあるんよ。そして、Oscarは実際シーズン中にMovistarへの移籍という方向で話がまとまりつつあったらしい。

ところが、上述のようにMovistarと代理人との仲が悪化。Movistar側はその代理人を相手にしたくないので、OscarのMovistar入りが流れてしまった。

そこで、そんなOscarをAstanaが獲得という流れ。Oscarとしては地元スペインチームのほうが精神的に楽やと思うけど、でもまAstanaも最近やたら強いしね、Astanaでも山岳でガンガン攻撃してくれると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください