Loading...
ニュース

世界選で輝いたモスコン。ツールのときは最悪だった理由とは?

ジャンニ・モスコン

地獄の中の生存競争となった今年の世界選。優勝したのはMads Pedersen。

しかしワシが一番驚いたというか、MVPに挙げたいのはイタリア人のお騒がせ男、トラブルメーカーGianni Moscon。チームIneos。



世界選を見ていた人は覚えてるやろうけど、かなりGianni Mosconが頑張ってたやん?本当に最終局面の手前までイタリアチームのために、Trentinのために終盤ずっと逃げに乗って我慢をしていた。

途中のちょっとした登りとかで遅れそうになっても、歯を食いしばり必死に耐え、いっしょに逃げてたMads Pedersenについていってた。最後は力尽きたけどね。そんなMosconが奮闘があったからこそ、Trentinの合流、そして2位という結果もあったと思う。Mosconの頑張りがなければイタリアは表彰台も狙えなかった可能性は高いと思う。



最悪のシーズン。体重が10㎏も増加!



情報源:Moscon finds redemption in the worlds

オーバートレーニングと過密スケジュール



今年はMosconにとってキャリア史上最悪といっても良いほどの難しいシーズンとなった。その原因は肉体的、そして精神的な疲労。

というのもシーズン前の冬の間から、肉体をみっちりとしごきあげていたもよう。今のロードレースはシーズンオフからシーズンインまでの間隔が昔よりはるかに短くなっているから、冬の間にしっかりとトレーニングすること自体は大切。

しかし、Mosconはやりすぎた。そう、オーバートレーニングの状態がずっと続くことになった。

情報源記事でMosconは次のように語る。

In the winter, I worked like never before. Hours and hours on the bike and specific training. The same in Colombia, at the beginning of the year: Hours and hours, and I came back like a corpse. I could not recover, because I could never take 10 days off the bike.



訳「冬の間は今まで以上のトレーニングをやった。何時間もバイクに乗り続け、特定のトレーニングをこなした。シーズンインとなったコロンビアでも同様や。何時間も何時間もトレーニングをこなした。そしてワシは死体のようになったんや。回復もできなかった。10日間だけバイクに乗らない休息を取れなかったからや」

春のクラシック戦線が終わった後、Mosconは実はGiro d’Italiaに出場する予定で、その後は世界選までのんびりというつもりだったもよう。

しかし、チームからの要望かなんかのせいで、Giroじゃなくてツールを走ることになった。そのせいで、クラシック後も今度はツールに向けたトレーニングをすることになった。休息期間を取れないままツールに向かうことになった。

すでに疲弊していた肉体に再び鞭を入れるハメになった。そしてこれがツールで心身の変調をもたらすことになる。




そしてツール



ツールでの惨状をMosconはこう語る。

“swelled up like a balloon”



訳「ツールでは風船のように丸っこく太ってしまった。」

過酷な3週間のレースにおいては、普通は疲労などによって体重が減ることが多い。しかし、Mosconはその真逆になった。なんとツールの間に体重が70㎏から80㎏へ10㎏も増えてしまっていた。

その理由としてMosconはやはり疲労を挙げる。ツールでの疲労というよりは、冬期から続くオーバートレーニング状態の継続による疲労。それが肉体と精神面に悪影響を及ぼした。

Moscon「自分を見失ってた」

ツールの間とにかくMosconは食べた。食べまくった。乱暴な言い方をすると過食症っぽくなっていた。その結果、体重が10㎏増えた。毎日200㎞近く走るレースをしながらの10㎏増量。明らかにおかしい状態になっていた。

そしてツール後、Mosconは8日間だけ完全にバイクに乗らないようにした。心身の回復に努めた。

それが功を奏した。ツアー・オブ・ブリテンで復活の狼煙をあげる好走を見せた。

そして地獄の世界選での激走。ずっと調子が悪かったMosconを信じて送り出したイタリアチームのスタッフにも脱帽やけど、あの悪条件の中で輝きを取り戻す活躍をしたMosconにも驚かされた。

よってワシの中では今年の世界選MVPはGianni Moscon。

まぁアレやで、君らも仕事頑張りすぎたらアカンで。テキトーに手を抜いて、「休める」時は休むじゃなくて、忙しくても「休む」のが大切やね。体壊すに値するだけの金もらってんの?年収1億?



【今年の世界選関連記事】

【2019世界選】なぜサガンは勝てなかったのか?本人コメント

【極限のサバイバル】2019世界選手権ロードの感想。雨風低温!ジルベールがレムコが新城がバルベルデが…

【2019世界選】ジルベールとバルベルデのコメント

なぜMathieu van der Poelが突然失速したのか?本人コメント。2019世界選、残り12km。

Trek Daemon爆誕?Madone、Domane、Emondaに続く4番目のアナグラムバイク?

新王者マッズ・ペデルセンを待ち受ける憂鬱

いつペデルセンはアルカンシェルジャージを披露するのか?

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」