Loading...
ニュース

UCIがスロベニア選手2名を2年間のレース禁止処分へ。



今年の5月ごろ、Bahrain Merida(以下チームBM)のAlessandro Petacchi(すでに引退ずみ)などが過去に血液ドーピングをしていたと判明した。覚えてるかな?

そのドーピング捜査は冬にオーストリアとドイツの両国で行われていて、通称Operation Aderlassと呼ばれていた。

そして今回、Operation Aderlassから新たに判明したドーピング使用者として、新たに2名がUCIから2年間のレース参加禁止処分を受けることになった。

その2名はともにスロベニア人で、チームBMでPetacchiとチームメイトだったKristijan Koren(現役)とBorut Bozic(去年引退ずみ)。

Petacchiと同じチームなのは偶然か?いやそんなことはない(反語)、と思うブヒ。誰でもそう思うやろね。あとはなぜスロベニア人なのかというとこやね。Petacchiはイタリア人なのに。

さすがに今の時代にチームぐるみでやってたとは思わへんから、先輩格でありロードレース界の闇を知り尽くしているPetacchiが2人を誘ったか?

それがたまたまスロベニア人だったのか、それとも何らかの必然があるのか……?

ただまぁ1度に同じチームから3人のドーピング違反者。これ、チームBMはちょっと考えなあかんやろね。今後のチーム運営について。のんきにマクラーレン乗ってる場合ちゃうよ。ワシも乗せて。

【ドーピング関連記事】

【オペラシオン・プエルト】なぜWADAはドーピング発覚者の名前を公表できないのか?

大便による新世代ドーピング?ある種の腸内細菌が持久力と回復力を向上させる?

ツールの裏の主役?2つの薬物ケトンとドーピングのAICAR

アラフィリップがドーピング陽性に激怒

2014年以来最悪。今年はこれまでよりもドーピングが多い。自転車業界よりもドーピングが多いスポーツは?

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」