Loading...
ニュース

【スプリントの科学】問題:スプリント時の超低空姿勢はトルクやパワーを減少させるか?

カレブ・ユアン

カレブ・ユアンや弱虫ペダルの御堂筋君のスプリント時のスタイルは独特。ハンドルバーのさらに前方へ体を投げ出し、超低空姿勢を取りゴールへ突き進む。

しかし、それは一見すると無理な態勢によって筋肉の運動を妨げるように思える。すなわち、パワーやトルクの最大まで引き出せないため逆に遅くなるのではないか、とも考えられる。

そこで今回は、そのような姿勢でのスプリント時のパワーやトルクを調べた研究結果が発表されたとの記事をご紹介。

情報源:Confirmed: Power output isn’t compromised in a super-low sprint position


目次

(1) 実験内容

(2) 実験結果

  出力パワーについて

  トルクとクランク角度


(3) 結論
  



今回発表された論文はこちら。

論文(有料):Power output, cadence, and torque are similar between the forward standing and traditional sprint cycling positions

(1) 実験内容



今回実験を行ったのはPaul Merkes博士。オーストラリアのEdith Cowan大学の研究者。

今回の博士の実験では、 実験室の室内トレーニングマシンで被験者にライドをしてもらい、実際にシッティング、ダンシング、そしてダンシングでの低空姿勢(以下、ユアンスタイル)の3つのポジションごとにトルクとパワーを計測。実にわかりやすい。

もちろんできるだけ各姿勢での条件が平等になるようにしている。たとえば次のような条件を設定した。

  • 被験者のVO2Max(漸増負荷試験での最大パワー値:PPO基準)の50%の状態で10分間のウオームアップ
  • PPOの30%の状態で3分のんびり
  • 14秒の全力スプリント
  • ゴール前スプリントの前の段階、トレイン状態を再現するため、10分間の少しずつ強度をあげるライド(PPOの50%~90%まであげていく)
  • 全力全開14秒間のスプリント



各姿勢ごとにこんな感じでライド。もちろんガチ専門家の実験なのでそれ以外の条件も、各姿勢ごとにできるだけ平等になるように考慮されている。

さて結果はいかに?





(2) 実験結果

出力パワーについて



まずパワーについては、ユアンスタイルにおける最大パワーも平均パワーは、それ以外の姿勢の場合と有意な差異は認められなかった。すなわち、スプリント時のパワーはスプリント時の姿勢に影響しないことが判明。

トルクとクランク角度



トルクに関しては計測されたデータのグラフがこちら。

スプリント時の姿勢とパワー・トルクの関係
From CYCLINGTIPS, “Power output, cadence, and torque are similar between the forward standing and traditional sprint cycling positions”



クランク角度が0度というのは、いわゆる12時位置にペダルがある状態ね。


2種類の点線(普通のダンシングとユアンスタイル)の135度のときのグラフを見てほしい。どちらも135度(16時位置か)の手前で最大トルクとなっている。これはやはり、体が前乗りになっているからやね。

シッティングのときは最大トルクがだいたい14時の位置にペダルがあるときやね。

最大トルクそのものは、シッティングと比べると、2種類のダンシングはだいたい1割増しって感じかな?

ただ、2種類のダンシングだけで比べると最大トルクもそのときのクランク角度もあまり変わらない。



結論



以上のことより、普通のダンシングでのスプリントも超低空のユアンスタイルのスプリントも、パワーとトルクという2つの観点からほぼ違いはないという結論になる。

ということは、超低空姿勢でのエアロ効果のメリットを考慮した場合、総合的に考えてユアンスタイルの超低空姿勢スプリントが最速といえる。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
2 comments
  1. アバター
    あるふぁ

    間違いの指摘でごめんなさい
    90度の時のペダル位置が時計の3時ですね
    この場合0度が12時の位置でしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」