Loading...
ニュース

フレームの最新技術トレンド「ドロップシートステー」について

BMC 2020 Roadmachine 01 Three

ここ最近のロードバイクでは、シートステーの位置が、これまでのロードバイクよりもかなり下に位置してるフレームが増えている。このシートステーを、Droppoed Seat Stay(以下DSS)と呼ぶ。

こういうやつね。

BMC 2020 Roadmachine 01 Three
BMC 2020 Roadmachine 01 Three © 2019 FUTABA SHOTEN Co.,Ltd. 日本公式サイトより



このカタカナ表記をどうしようかと悩む。ドロップ”ト”か、ドロップ”ド”か。たぶん、マスコミは伝統的にこういうカタカナ表記のルールを業界か会社ごとに作ってるはずやけど、ここはワシの個人ブログやしね、まぁ別にみんなが内容分かればそれでええんやけど。

発音上は「ド」と濁らなくて「ト」のはずやけど、外人はほとんどその部分は発音せーへんはずやから、「ドロップシーステイ」みたいになる。うーん・・・というわけで、タイトルに「ドロップ」と書いたのはそういうこと。どっちでもええかと。




(1) DSSのメリット



さて、おそらくこのDSSをメジャーブランドで最初に普及させようと有名にしたのはBMC。上の画像もまさにBMC 2020 Roadmachine 01シリーズのそれ。

さてこのDSSには、3つのメリット・効果があるとされる。それは、快適性とエアロ性能、そしてリア三角の剛性の向上。

①快適性



快適性については、現代のロードバイクフレームはかつてと比べて、より軽量でそしてより高剛性になっているため、乗っていていわゆる「脚にくる」フレームが多い。特にハイエンドモデルはそうなる。

また、近年はプロのロードレース界でも「より疲労を溜めない」ことが戦略上の最重要課題の1つになっている。

そのためメーカー側も剛性を確保しつつも、快適性を向上させるのは重要なセールスポイントになる。

昨今のグラベルバイクでもこの技術が使われているのを考えれば、やはり各メーカーがその効果を肯定しているのやろう。ま、TREKみたいに独自の技術(ISO SPEED)を使ってるのもあるけど。

DSSにすることで、シートチューブ&シートポストが揺れる量が増える。それが地面からの衝撃の緩和につながるという発想。

②エアロ性能の向上

後ろ三角がコンパクトになるため、空気抵抗が減る。単純にデカい物体よりも小さい物体のほうが空気抵抗が少ないのは当たり前。

③剛性の向上



そして後ろ三角のコンパクトは、力が伝わる距離を短くすることができるため、「カッチリ」感がでる。途中で力が逃げることが少なくなる。簡単にいえば剛性が高くなる。

こういった3つのメリットを同時に満たせる魔法のアイデア(?)、それがDSSなんやね。なんかこう書くと革命的な感じするね。機械系・工学系の人にしたら「いや普通やろ」という感じかもしれへんけどね。



(2) どれだけ流行してるのか?



DSSが流行してるといっても、ほんまに流行してるのか、どれだけのバイクがその技術を取り入れているのか。そのデータが次の表となる。

年度総数DSS搭載DSS以外(普通のもの)DSS割合
201514761414%
201612691177%
20172082518312%
20182423820415.7%
20193488126723%
202094306431%(2019/10/21時点で)

(上記情報源記事から引用。ブタによる若干の日本語化とDSS割合項目の追加あり)

DSS搭載フレームの増加は目を見張るものがあるね。2015年はたった6だったのに、2019年度は81。4年で約13倍以上の増加となった。

2020年モデルのバイクはまだ完全に発表されつくしてないから、今後増えていく。

バイク総数に対するDSSを搭載するフレームの割合もどんどん増えていっている。2020年モデルはひょっとしたら一気に30%台になるかもね。

あと数年はしばらくこの技術トレンドが続くか?どう思う?

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」