イギリス期待の若手Matt HolmesがLotto Soudalと契約、ついにワールドツアーへ。

イギリス国籍のコンチネンタルチームで有名なMadisonGenesis。それに所属するイギリス期待の25歳Matt Holmesが、ついにワールドツアーチームへ移籍することになった。移籍先はLotto Soudal。



チームTwitterを。



Matt HolmesとLotto Soudalとの契約は一年。

この選手の名前を「最近」聞いたことある人いるんとちゃうかな?


というのも、ちょっと前に東京五輪のテストレースみたいなやつあったやん?実はそれで4位に入った選手なんよ。



また地元開催の今年のツール・ド・ヨークシャーでは総合6位でフィニッシュ。さらに、ツアー・オブ・ブリテンでは総合15位フィニッシュ。力あるね。

この移籍が決まった直接の理由は前述の東京五輪テストイベント。このレースが終わったあと、Lotto Soudalから連絡がきたもよう。本人はつぎのように語る。


‘After Tokyo, Lotto-Soudal contacted me. I thought I was dreaming until I could finally sign my contract yesterday. It will be a big step from racing in Britain to racing all over the world but I feel I am ready for it and the team has faith in me,’

From Cyclist, “Young Brit Matt Holmes makes jump to WorldTour with Lotto-Soudal”



訳「東京五輪テストレースの後、Lotto Soudalからコンタクトがあったんよ。昨日契約を完了するまで、まるで夢を見てるみたいやった。今回の契約は、イギリス国内のレースから、世界をまたにかけたレースへの大きなステップアップとなる。でもそれの準備は出来てるつもりや。チームもわしに期待してくれてる」

Lotto Soudalにイギリスというイメージが全くなくて、「誰かおったかいな?Caleb Ewanはオーストラリアやし・・・」と思ったけど、元Aqua Blue SportのAdam Blytheがおったね。他にも調べたら数人ぐらいいるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください