Loading...
ニュース

ミケル・ランダがFundación Euskadiのワールドツアー昇格を画策

情報源:Fundación Euskadi aim for WorldTour

これまであったバスク地方プロコンチネンタルチームEuskadi–Muriasが今年度で消滅し、グランツールでのバスクの火は消えるのかと思われた。



しかしその矢先、Mikel Landaによる支援も受けていたチームFundación Euskadiが2020年からプロコンチネンタルチームに昇格する予定。これが実現すれば来年度もグランツールでバスクの魂(なおオレンジ色)を見ることが可能となる。

ちなみに来年からはプロコンチネンタルというカテゴリー名はPro Series(プロシリーズ)という名称へ変更となる。このブログでも来年度からその名称を使うべきか悩むところ。まだ定着してへんしね。ま、個人のブログやから好きにするけど。

さて昨日、そんなFundación Euskadiの来年度に向けたプレゼンテーションが開催された。そしてMikel Landaもそれに参加。その場でLandaはこう述べたもよう。

“The goal when we started was to bring back the team from the past”

訳「設立した時決めたチームの目標は過去の栄光を再び取り戻すことや」

つまり、ワールドツアーチームの地位・資格を取り戻すことがチームの目標だと述べる。

今のLandaのプロしてのキャリアは2011年、かつてのワールドツアーチームEuskaltel Euskadiに所属したときから始まったといっても過言ではない。そのオレンジ魂の輝きよ再びというわけやね。

【関連記事】

【悲報】バスクのプロコンEuskadi Muriasが解散へ【ORBEA】

バスクのFundación Euskadiが続々と補強中

2020年度UCIワールドツアーの日程表

2020のグランツールのワイルドカード枠の展望とプロチーム改革



Wiggleでブラックフライデー始まってるブヒよ。



(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」