メーカーに激震?EU議会が車にさらなる安全対策を義務付けへ

情報源:European Council, “Safer cars in the EU”

今回は自動車の話。だけど自転車にも関係ある内容なのでご紹介。



EU市場に向けて製造・販売される車に対して、EU議会はさらなる追加の安全対策となる装備を義務づけることを決定。

2022年の中盤からEU市場向けの車には、現状の車の装備よりも以下の点でさらなる安全性確保のための追加装備が必要となる。

・自動速度制御機能(コンピューターによるスピードコントロール?)
・アルコール検知機能とそれに連動するシステム
・眠気や注意力の低下を警告するシステム
・走行時の事故情報の自動記録システム(ドライブレコーダー?)
・歩行者や自転車と衝突したときに、被害者が受ける衝撃を緩和させるボディ設計や仕組み
・トラックやバスなど大型車は死角を減らす装置



こういった設計・仕組みが義務付けられることになる。

これでメーカー各社はEU向けについては値上げとなるやろかね。EU向けだけに特別な製造法にすると製造コスト上がるから、そのうち全世界共通でこれと同じ装備にするかもね。となると日本で販売されるのも値上がり?

ま、車メーカーにとっては頭痛の種が増えることになるか。逆に考えれば宣伝文句にもなるやろうけど、だからといって上がる製造コストに対して販売数がどれだけ増えるかと言われれば、うーん……ま、しゃーないね(諦念

Wiggleでブラックフライデーセール開催中。車は売ってないよ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください