デラクルスとUAEへの移籍。何を願うのか

情報源:Spain’s de la Cruz hoping for reboot at UAE

この投稿をInstagramで見る

•SAMURAI•

David De La Cruz(@daviddlax)がシェアした投稿 –



チームIneosでアシストとして活躍していたスペイン人David de la Cruz (以下デラクルス)。2年間チームSky・Ineosで走ったが、大きなレースで目立った成績を残せたというわけではない。かつてはスペインの期待の新星だったが、この2年はそういった周囲の評価とは見合わないものだっと言わざるを得ない。



このチームSky・Ineosの2年間について、デラクルスは次のように評する。

 “Sporting wise, I didn’t perform like I wanted to, but to have been part of this team was something I am proud of.”



訳「競技という点では満足のいくパフォーマンスじゃなかったけど、この2年の経験は誇らしいものやと思う」

UAEではおそらくファビオ・アルと二人で総合系エースを担うと思われるが、今後についてこのように述べる。

“I will race in events that are good for me, such as Paris-Nice or the Vuelta, and just go as well as I can, without thinking about a specific target.



訳「自分に合ったレースに出たいね。たとえばパリ~ニースとかブエルタ・ア・エスパーニャとかね。でもま、うまいこと走れそうなレースなら全部出場したいね。特に出場するレースを限定しようとは思ってないんよ」

この2年間、あまりパっとしなかったのは落車による怪我の影響もある。そのため、年間通じてどこまで全力で走り続けられるのか本人もまだわかっていないところがある。


そのため、まずは1年間いろんなレースでしっかりと走り続けたいし、その結果を見極めたいと言う。そうしていく中で、新チームでの自分の役割とか、存在価値とかを発見し理解したいと言うてる。

Wiggleでブラックフライデーセール開催中。何かを買えば何かがわかる。迷わず買えよ、買えばわかるさ。ありがとー!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください