Loading...
ニュース

【悲報】パリ~ルーベが綺麗に舗装されてしまう

パリ~ルーベ

パリ~ルーベの最後から2番目の石畳セクター、Willems Á Hem。通称Hem。道路中央部分が石畳で両サイドはちょっとだけ走りやすい未舗装路。でもその走りやすい部分は結局、主催者側が障害物(ボラード)をおいて通れなくする。



そんなHemがなんと綺麗に舗装されてしまったもよう。チームEF Education First Pro Cyclingのクラシックスペシャリスト、セプ・ファンマルクが先日偵察したときの動画をInstagramに上げていた。それが以下のもの。

From Sep Vanmarcke Instagram



ちょっとオシャレな小道になってるやん!

両サイドが明らかに綺麗になってますねぇ。ま、中央部分の石畳はそのままっぽいからOKか。どうせ両サイドは走れないように障害物が設置されるやろしね。

なおその他のセクターは今までどおりっぽい。たとえばこんな風に。同じくセプ・ファンマルクの動画をどぞ。



2019パリ~ルーベのハイライト動画



Wiggleでブラックフライデーセール開催中。パリ~ルーベの石も売ってる?



【関連記事】

【2019パリ~ルーベ】最終局面でSep Vanmarckeに何が起こっていたのか?

【2019パリ~ルーベ】プロが使った機材やバイクの工夫について

【2019パリ~ルーベ】 実はチューブレスタイヤはパンクに弱い?クリストフはチューブレスタイヤ使用を後悔!

2019パリ~ルーベの賞金額について

【2019パリ~ルーベ】なぜピーター・サガンは突然失速したのか?本人コメント。

【悲報】パリ~ルーベさん、アーレンベルグをうっかり実際より100m長く計算していた。


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」