バーレーン「打倒チームIneosへ準備は整った」。しかし・・・?

情報源:New super-charged Bahrain-McLaren ready to take on Ineos

来年度からバーレーン・マクラーレンとなる、Team Bahrain Merida。F1で有名な英国の高級車ブランド、マクラーレン社が主要スポンサーとなって、資金力もグっとUP?してGood Up?

来年度から本格的に同チームを率いるのが英国人のRod Ellingworth。元チームSkyの創設メンバーの1人であり、そこでコーチをしていた人物。カヴェンディシュとも旧知の仲。英国スポンサーに英国人指揮官、そして英国のスター選手が揃う。そういう意味で英国カラーが強いチームへ変貌した。

またイタリアのヒーロー、ヴィンツェンツォ・ニバリを移籍で失ったものの、チームIneosからワウト・プルス、モビ☆スタからミケル・ランダを獲得。グランツールや山岳ステージでの戦力を補強することに成功。そんな同チームが狙うのは、打倒チームIneos。

情報源記事で、指揮官Rod Ellingworthは次のように述べる。

“I think from the outset, yes, we’re capable of taking them [Ineos] on,”



訳「ずっと思ってることやけど、来年はいけるで。チームIneosを相手にできるだけの戦力がうちには揃ってる」

“It’s about getting your key riders on the line in good condition and good health and if we’re in that situation then we stand every chance.



訳「大事なのはエースたちを戦線に良い状態で送りすことや。それができれば、Ineosを相手にしても勝機はある」

“I see us as a thriving new team with lots of energy and we’re not going to mess around. I don’t see us as an underdog.”



訳「ワシらはすばらしい新チームとなって多くの力を得た。しょうもないチームではないんや。負け犬ではないんや」

そして大スポンサーとなったマクラーレン社によるサポートや設備のスゴさを力説し、同チームほど恵まれた環境にあるチームなんてまずないと誇る。

こんな普通に打倒チームIneosは可能だと宣伝するRod Ellingworthやけど、正直ワシは「いやさすがにそれはまだ無理やろ・・・」と思う。


理由は2つ。戦力面の不安とツール・ド・フランスでの戦略。


戦力面でいえばツールでエースとなるであろうミケル・ランダが安定性に欠ける。ええときはええけど、悪いときは悪い。つーかここ最近悪いことのほうが多いやろ。あとはTT能力が低い。TT能力と安定感を養わないと。ただ、これまではランダは過去の落車負傷の影響があったとも言うてるから、それが完治すれば安定感が増すかも?でも、うーん・・・


また新戦力となるワウト・プルスも、たしかに能力はすごいしリエージュ~バストーニュでの優勝経験もある。しかし、それだけ。チームSky・Ineos時代はアシストばかりやったから、実際にエースとなってどれだけできるかは未知数。

戦力面では、特にエースとなる2名の力には不安が残る。

次にツールでの戦略面での不安。仮にツールにマーク・カヴェンディシュを出場させる場合、山岳や平地でエースらをアシストする選手枠が確実に1つ減る。

しかし、ライバルであるチームIneosは完全にスプリンターを捨てた、100%総合優勝を狙うためだけのガチ布陣を敷いてくる。

ただでさえバーレーンは上記のようにエースの力に不安が残る以上、そんなガチ布陣のIneos相手に、スプリンターを入れた中途半端な布陣で勝てるとは思えない。ましてや、来年は打倒Ineosの最右翼Jumbo-Vismaにデュムラン(大)が加入するわけで。

もちろんツールでの総合優勝は狙わず、ステージ優勝狙い、または表彰台やトップ10を狙うだけならば、わからんでもないけど。

さて、アピール通り上手く打倒Ineosとなるか?

Wiggleでクリスマスセールが開催中。追加で10%OFFになる割引クーポンコード「JPWINTER10」も登場。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1-Chrome-Legacy-Window-20191206-103600.jpg です


2 thoughts on “バーレーン「打倒チームIneosへ準備は整った」。しかし・・・?

  1. 2017年のツール20ステージのランダのTTが早くてバルデに1秒差まで詰めた事はありましたけど、最近は遅いイメージしかないですね

    1. ランダが復活すれば間違いなくレースはおもしろくなるので、なんとか頑張って欲しいブヒね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください