VeloflexがCorsa RaceとEvoシリーズにクリンチャータイヤを追加。ケーシングは350TPIへアップデート。



イタリアのタイヤブランドVeloflexが、既存のCorsaシリーズとProTourシリーズにそれぞれ新作タイヤを追加した。

(1) Corsaシリーズのアップデート

①チューブレスレディタイヤ(TLR)が登場

まずチューブレスレディ(TLR)タイヤが新作として追加された。


Corsa RaceにはCorsa RACE TLRが、Corsa EVOにはCorsa EVO TLRがそれぞれ追加された。

なお、Corsa RACE TLRはケーシングが350TPIとなっている。EVO TLRは320TPIで設計されている。

Veloflex公式:TUBELESS READYタイヤ一覧

②クリンチャータイヤが登場

次にCorsa RaceとCorsa Evoには、前述チューブレスレディ(TLR)タイヤだけでなく、待望のクリンチャータイヤもそれぞれ追加された。

なお、同社の用語ではクリンチャータイヤではなく、オープンチューブラー(OPEN TUBULAR)という用語になっている。

両クリンチャータイヤには、前述のCorsa RACE TLRとCorsa EVO TLRとのケーシングTPIのような違いはなく、どちらも350TPIという仕様である。

Veloflex公式:OPEN TUBULARSタイヤ一覧

(2) ProTourシリーズのアップデート

ProTourシリーズはチューブラータイヤ(ケーシングは320TPI)だが、それこにProTour RACEが加わった。これはケーシングが350TPIである。

Veloflex公式:TUBULARSタイヤ一覧

以上、これら新製品の詳細は各項目のリンクにある公式ページを見てほしい。


Amazon:2本セット Veloflex Corsa SPS コルサ クリンチャータイヤ 700c ヴェロフレックス [並行輸入品]





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください