【動画】昨夜のランダとシヴァコフの落車について。2021ジロ第5ステージ

昨夜のジロ・デ・イタリア第5ステージは残り20㎞から3つの落車がプロトンを襲った。その結果バーレーン・ヴィクトリアスのエースのミケル・ランダ、そしてイネオスのパヴェル・シヴァコフが大会からリタイアとなってしまった。

今回はその2名の落車について簡単にまとめておこう。

シヴァコフについて

まずは落車シーンを。

シヴァコフについてはレースそのものは13分遅れでゴールしたのだが、その後にリタイアが発表された。次のチームツイッターを。

シヴァコフは鎖骨を骨折。リタイアとなった。

これにより、ベルナルとダブルエース体制だったイネオスの戦略は、ベルナルの単独エースへと移行することになる。

ミケル・ランダの落車シーン

次にミケル・ランダの落車の瞬間を観客目線で捉えた動画をどうぞ。

次に下のものはTV放映時の空撮映像を解説したものだ。わかりやすく説明してもらっている。

観客目線でいうと次のような展開となっている。

ロードレース

ここでは中央分離帯について注意を勧告するスタッフが立っているのがわかる。

ロードレース

しかしプロトンが通っている間にそのスタッフの姿が消える。手にして掲げていたはずの注意喚起ボードが見えなくなった。

ロードレース

そしてプロトンの尻尾のほうで、立っていたスタッフが倒れ、立ち上がろうとしているのが見える。

あのスピードでつっこむから選手と正面衝突を受ければスタッフもぶっ飛んでいただろうが、スタッフの位置はさほど変わっていないので選手との正面からの直撃は免れたのだろう。

なおランダはこの事故で肋骨(鎖骨も?)を骨折した。ただ、生命に危険があるというレベルではなくしっかりと療養すれば普通に治るもののようだ。本人も落車後からずっと意識はしっかりしており、そして可能な限り早期のトレーニング復帰を目指すとのこと。残念で悔しいだろうが、まだ闘魂は失っていないようだ。(チーム公式サイトのアナウンスより)

2 thoughts on “【動画】昨夜のランダとシヴァコフの落車について。2021ジロ第5ステージ

  1. 調子もよく、アシスト陣もプールス以外のベストメンバーをそろえてきただけにランダのリタイアは残念です。ツールに間に合えばいいですが、、、

    1. 今年のランダは「どこか違う!」みたいな雰囲気だったのに・・・

      肋骨がイったということで、呼吸とかするたびに痛みそう。なのでトレーニングもしばらく出来なさそうブヒね。
      ツールで再登場とかできればいいブヒねぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください