Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースの2022ブエルタ・ア・エスパーニャ

ユーロスポーツのコメンテイター「レムコのパンクは都合よすぎないか?」レムコ「後輪パンクは嘘ではない」。2022ブエルタ第16ステージのゴール前のパンク救済について

昨夜のレムコのパンクは本当だったのか?ユーロスポーツのコメンテイター「都合がよすぎる」。その後釈明。

Share your love

昨夜のブエルタ第16ステージはゴール前で嵐が吹いた。

攻撃をしかけたログリッチに対して、レムコはパンクで遅れるが、そのパンクはゴール前3kmの救済エリア範囲内だったので救済措置が発動。ログリッチとのタイム差は8秒差で済んだ。しかし一方でログリッチがゴール直前で落車という荒れた展開だった。

そんなレムコのパンクについて、「本当にパンクしたのか?」と疑問を抱いた視聴者もいたのではないか。つまり、「レムコは、救済措置を受けてログリッチのとのタイム差を最小限にするため、パンクしてないのにパンクしたと言ったのではないか?」と。

そんな疑問を呈した一人に、元プロ選手でかつてAqua Blue SportやLotto Soudalで走っていた英国人アダム・ブライス(Adam Blythe)がいた。

情報源:Adam Blythe: Remco Evenepoel’s Vuelta a España mechanical was ‘a little too convenient’

彼はその日ユーロスポーツでコメンテイターをやっていたのだが、レムコのパンクを見たとき、

It’s just all a little too convenient that right at the bottom of that climb, and we never saw him up towards the front. As you can see, both wheels are pumped up and he’s pedaling fine, so what is the problem with it?

訳「 このパンク、ちょっと都合よすぎひん?まさに登りが始まったところで、しかもレムコはプロトン先頭にいなかった状況。映像見る限りでは、タイヤはへこんでないし、ペダリングも普通。だから何も問題なかったんとちゃうの?」

レムコはレース後に、自分がズルしたわけではないと疑惑を強く否定。

情報源:Evenepoel strongly denies “faking” puncture in Vuelta finale | Video

一方で、ブライスはその後別の映像を見て、レムコの後輪がへこんでいるのを確認。そして弁明のコメントを発表している。

この釈明動画で、「レムコをチーター扱いするつもりはなくて、コメンテイターとして限られた映像でみて思ったことを言っただけ」という趣旨の弁明をしている。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!