Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードバイクとロードレース

「マチューは心が折れたのだろう」。アルペシンのボスが語る、2022世界選前夜のホテルでの警察沙汰とマチューのリタイア

マチュー・ファン・デル・プールは警察に連行された前夜の影響で心が折れたか。所属チームアルペシン・ドゥクーニンクのボスが推測

Share your love

昨日の2022世界選手権ロードレースで優勝候補の一人だったオランダのダッチ・モンスターことマチュー・ファン・デル・プール(Mathieu van der Poel)。しかしスタートして30kmほどでリタイア

その理由としては、前夜に宿泊していたホテルでトラブルがあり、警察に連行されたことがあると考えられた。

情報源:MATHIEU VAN DER POEL LEFT MENTALLY BROKEN AFTER UCI ROAD WORLD CHAMPIONSHIPS ARREST

そのマチューが警察に連行された事件のそもそもの原因は、12~13歳の少女複数が廊下で騒いでいたこと。そしてマチュー曰く、「何度か、自分の部屋のドアをノックされたあと、けっこうきつめに『やめろ』といってしまった。それで警察が呼ばれて、暴行容疑で連行された。部屋に戻れたのは朝の4時」。

ただ逮捕されたというよりは警察が事情聴取のためマチューを連れて行ったという感じのようだ。警察ではマチューは事情を説明し、必要書類にサインしたあとホテルに戻ってこられた。

この事件について、マチューが所属するアルペシン・ドゥクーニンク(Alpecin-Deceuninck)のボス、Christoph Roodhooftは、「マチューは心が折れたのだろう」と話す。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6271

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!