ケーブル完全内装スチールバイク Battaglin Power+ Evo

完全にケーブルを内蔵したスチールフレーム、Battaglin Power+ Evo爆誕。もはや芸術品。



イタリアの名門スチールバイクブランド、Officina Battaglinからケーブル類をフレームへ内蔵させた新フレームのPower+ Evoが登場。

Officina Battaglin公式:Power+ Evo紹介ページ

ケーブル・ワイヤー完全内装スチールフレーム、Officina Battaglin Power+ Evo
© 2020 Battaglin Italia 画像クリックで上公式ページへ



このPower+ Evoに使われているフレームは、COLUMBUS(COLUMBUS)のHSSパイプである。HSSとは「High Speed Steel」の略。

同社のパイプにはもともとガチレース用パイプとして、ニオビウムを添加した次世代スチールパイプのSpiritがある。析出硬化により強度を上げ、肉薄化による軽量さと高い強度を併せ持つパイプである。

そのSpiritをさらに進化させ、Spiritの上を行くものが今回使われているHSSパイがプである。

このPower+ Evoがスチールバイクながらも完全ケーブル内装システムを導入できたのは、以前記事にしたDedaのハンドルの新システム「Vinci」を使っているから。→過去記事:Dedaから完全ケーブル内装システムの新ハンドル&ステムシリーズVinci登場。

まだ詳しい情報はEmailの登録ユーザー以外には公開されていない状況だが、そのうち日本公式サイトでも発表があるだろう。

なお、ハンドメイドフレームであるがゆえに、ジオメトリなども柔軟にオーダー可能。

・ホリゾンタル形状でもスローピング形状でも選択可能
・ボトムブラケットはBSA規格
・リムブレーキ版もディスクブレーキ版も選択可能
・対応するコンポは各社の電動コンポのみ

となっている。

ユーロ圏でのお値段は4000ユーロ。約48万円。



(‘A`)欲しいけど、買えない。

関連記事:美しすぎるバイク。BattaglinからMarosticana SLX限定版が登場。Columbus SLXチューブを使用。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください