今年のツールはキスなしハグなし、山岳観戦は徒歩か自転車のみ

新コロ助19の影響はツールの表彰台(ポディウム)にも。今年のツールでは美女によるキスもハグもなく、少しさみしい映像となるもよう。。

情報源:Prudhomme: ‘No kisses or hugs’ at Tour de France

レースディレクターであるChristian Prudhommeが、今年の表彰台についてそのような方針を明らかにした。



同時、ファンの観戦のあり方や選手への接近のあり方については、次のように述べる。

The public will be able to come on the Tour but there will probably have a more or less severe filtering



訳「誰もがツールに来て観戦することはできるが、多少なりともそれなりのフィルタリング(感染防止策)はおそらく必要となるやろね」



最大の懸念はやはり山岳ステージであろう。例年観客が大量におしかけ「密」である。そこで、山岳ステージの観戦ポイントには、徒歩か自転車でしか移動できないよう制限を加える方針だとも述べている。よってキャンピングカーなどで、ある程度の高さまで登ることは禁止される可能性がある。

ただ、これらの方針もそしてこれ以上の今後の方針についても、ツール公式の正式な決定としてまだ発表されるという段階ではない。というのも、やはり新コロ助の状況が刻一刻と変化し、1ヶ月先のことも予想できないからである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください