Enter your email address below and subscribe to our newsletter

UCIがユンボとイネオスに制裁へ。ワールドツアー無断欠席について

UCIがJumbo-VismaとIneosに罰金を課す理由と、その額は?

Share your love

ツール・ド・フランスで激突する圧倒的二強、Jumbo-VismaとチームIneos(INEOS Grenadiers)。両チームがUCIのルールに違反したことから、UCIにより罰金を課されることになった。

情報源:Jumbo-Visma and Team Ineos facing fines for missing Bretagne Classic

制裁の理由

その理由は、8/25に行われたワールドツアーのBretagne Classicに出場しなかったから。

UCI規則2.15.127には、「ワールドチーム(ワールドツアープロチームのこと)は、ワールドツアーに位置づけられたレースに出なければならない」と書いてある。今回Jumbo-VismaとIneosはそのルールに反してサボったわけ。おそらく、両チームとも、ツール直前に余計な「リスク(コロナ感染リスクとか)」を負いたくなかったのであろう。でもそれは他のチームも同じ。いくら両チームがツールに全力というチームであっても、やっぱりそこは不平等。

罰金額

その出席義務に違反した場合の罰金額であるが、UCI規則には「1万スイスフラン~2万スイスフラン」の間で罰金が課されると書いてある。日本円で約116万円~232万円。

あるフランスメディアでの報道によると今回は62万円ほどが課されることに決まったとあるが、明らかにUCIルールに比べると低額すぎるので信ぴょう性は微妙である。また、両チームともに「62万円?いやいやそれはないわ」と否定している。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6672

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!