シマノのニュートラルバイクは中華カーボンロードのPardus Robin SL

これまでツール・ド・フランスをはじめワールドツアーでは伝統的にマヴィック(Mavic)がニュートラルサービスを提供していた。

しかし、このブログでも何度か昨年書いたように同社は経営破綻に陥り、行政・司法主導の手続きにより新しい買収先が決定し、今は経営再建に動いている。

そんな経営的に厳しいマヴィックにかわり、今年からシマノ(Shimano)がツール・ド・フランスをはじめワールドツアーでニュートラルサービスを提供することになった。これは先日ニュースとなりみんなも覚えているところ。

そこで気になるのが、シマノが使うニュートラルバイクの正体である。シマノ自身はコンポメーカーでありフレームを作っていないので、どこかからバイクを調達しなければならない。ではいったいどこのブランドのバイクなのか?

情報源:Shimano’s neutral service bikes: What’s under the blue paint?

シマノのニュートラルサービスバイクの正体

この点情報源記事によると、中華カーボンロードバイクとして一部のコアでラディカルなファンに大人気(?)のPardus社の「Robin SL」というバイクらしい。
→参考リンク:Pardus Robine

SLではなく、SportモデルのROBINの画像がこちら。

©Pardus

これがそのPardus Robinのである。これはレーシングモデルのSLではなくSportモデルであるが、お値段は5999円。いやまて、それはさすがにおかしい。まじで6000円なのか?

と思ったら人民元の円記号だった。

今は1元=約16円なので、だいたい9万6000円。約10万円。これで納得やね。

情報源記事によると、ニュートラルバイクとしてのRobin SLのスペックは、

  • Frameset: Pardus Robin SL Shimano edition, Size 54
  • Front brake: Shimano Ultegra R8000 Dual Pivot
  • Rear brake: Shimano Ultegra R8000 Dual Pivot
  • Brake/shift levers: Shimano Ultegra R8000 Dual Control Lever
  • Front derailleur: Shimano Ultegra R8000
  • Rear derailleur: Shimano Ultegra R8000
  • Cassette: Shimano Ultegra R8000, 11-30T
  • Chain: Shimano Ultegra 
  • Crankset: Shimano Ultegra R8000, 53/39T
  • Wheelset: Shimano Dura-Ace C60 carbon clincher
  • Tyres: Maxxis Relix clincher 25mm
  • Handlebars: PRO Vibe 7S
  • Handlebar tape: PRO Sport Control Team LTD
  • Stem: PRO PLT alloy 120mm
  • Pedals: Shimano Dura-Ace
  • Saddle: PRO Falcon
  • Seat post: PRO PLT Alloy
  • Bottle cages: Pro Bottle Cage Alloy
  • Total weight: 7.89kg

となっているようだ。

さて、このPardusという会社だが、どうやら香港の某バイクブランドと密接な関係にあるもよう。

2 thoughts on “シマノのニュートラルバイクは中華カーボンロードのPardus Robin SL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください