ロードレースの2021ブエルタ・エスパーニャ

最後のアルが逃げ!2021ブエルタ第15ステージの結果と感想

ついにファビオ・アルが逃げた!

そんな第15ステージの感想と結果をいつもどおり。

今日のコース

いつもどおり「今日の2021ブエルタ第15ステージのコースは?」でチェックをどうぞ。

高速展開!最後のアルがマイカと!

明日が休息日ということで今日はスタートから大きな逃げができるのではと予想されていたが、その通りの展開となった。しかし、その後次の3名の逃げが形成される。

UAEのラファウ・マイカ、Lotto Soudalのマキシム・ファン・ヒルス、そしてこのブエルタを最後に引退するQhubeka NextHashのファビオ・アルだ。最後のアル。つまりラスト・アル。ステージ優勝を飾り有終の美を飾れるか?

(´・ω・`)アルゥ・・・

さてここからラファウ・マイカの独走が始まった。もう今日「も」このまま独走でゴールを決めるという展開になる気配がビンビンする。

一方総合上位陣が集まるメイン集団は、マイヨ・ロホを着るオドクリスティアン・エイキングを擁するIntermarché-Wanty-Gobert Matériauxが先頭できっちりとトレイン。TV映像で目立つ意味でも大事だが、総合首位の選手がいるチームがプロトンをコントロールするという暗黙の役割をしっかりとこなした。

そして特筆すべき動くもなく最後の三級山岳へ突入する。

もう結論から先にいうとこのままマイカが逃げ切ってしまった。87km以上を独走して逃げ切り。なんやそれ・・・まぁブエルタらしいといえばブエルタらしいか。ゴールシーンをどうぞ。

総合争いの集団についても、特に書くほどの動きがあったわけでもない。あえていうなら最後にアダム・イエーツがアタックしてちょっとだけタイムを稼いだぐらい。リーダージャージはエイキングがしっかり確保。

アルの逃げとマイカの優勝以外はほんと特にネタのない平和な1日だった。もちろん細かい動きも微に入り細に入り見れば、ネタはあるわけだが。

エイキングはいつまでマイヨ・ロホをキープできるか?

さてこれで今年のブエルタの2週目が終わったわけで、いよいよ来週から最終週。Intermarché-Wanty-Gobert Matériauxのオドクリスティアン・エイキングが総合首位を守ったままで、最終決戦の1週間に突入する。こんなの今大会が始まるまで誰も予想していなかっただろう。

今日のステージが終わった時点で、エイキングは2位のギョーム・マルタンに54秒、3位のプリモシュ・ログリッチに1分36秒の差をつけている。

おそらくは決戦の山岳ステージとなる第17または第18ステージのどちらかでマイヨ・ロホはログリッチへ移るはずだが、いつぞやのツール・ド・フランスでマイヨ・ジョーヌを着続けたトマ・ヴォクレールのように特別なジャージが特別なパワーを選手に与えて、予想外の好走を山岳ステージで見せるのもあり得る。

さらにレースの展開がエイキングに味方する可能性もなくはない。超級山岳を登るペースが有力勢のお見合いで遅くなったりするかもしれない。

そうなると思っていたよりも、ログリッチのマイヨ・ロホ奪還が遅れるかもしれない。まぁその場合でも最終日が個人TTなのでそこで逆転は可能だが。

今日のリタイア

なお昨日の第14ステージで、INEOS Grenadiersの東京五輪ロードレース金メダリストのエクアドルのリチャル・カラパス(Richard Carapaz)がリタイアしている。

それに加えて今日の第15ステージでは、

  • チームEFのエクアドル人ヨナタン・カイセド(DNS)
  • INEOS Grenadiersのジョナタン・ナルバエス(リタイア)
  • Trek-Segafredoのキール・レイネン(リタイア)

となっている。

今日のトップ10

順位選手名チーム名タイム差ボーナスタイム
1 RAFAL MAJKAUAE TEAM EMIRATESB : 13”
2 STEVEN KRUIJSWIJKJUMBO – VISMA+ 00H 01′ 27”B : 8”
3 CHRISTOPHER HAMILTONTEAM DSM+ 00H 02′ 19”B : 5”
4 ADAM YATESINEOS GRENADIERS+ 00H 02′ 42”
5 GIULIO CICCONETREK – SEGAFREDO+ 00H 02′ 57”
6 ODD CHRISTIAN EIKINGINTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX+ 00H 02′ 57”
7 FELIX GROSSSCHARTNERBORA – HANSGROHE+ 00H 02′ 57”
8 SEPP KUSSJUMBO – VISMA+ 00H 02′ 57”
9 DAVID DE LA CRUZUAE TEAM EMIRATES+ 00H 02′ 57”
10 ENRIC MASMOVISTAR TEAM+ 00H 02′ 57”

2 thoughts on “最後のアルが逃げ!2021ブエルタ第15ステージの結果と感想

    1. おっとタイプミスだったブヒね。エイキングの総合優勝を願うブタの内心がダダ漏れ?

      コメントあざっす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください