UCIがベルギー製ロボットを導入へ

コロナ対策としてUCIは様々なルールを導入しているが、その方策の1つ目玉としてベルギー製のロボットを導入するようだ。

そのロボットはすでに先日のE3 Saxobank Classicで登場している。そのときブタがツイートしたものを見て欲しい。

このロボはそのE3で初登場。今年のレースではずっと使われるようだ。

情報源:UCI TO USE PODIUM ROBOTS TO ENFORCE ‘HUG BAN’

なぜロボ?なのかといえば、表彰台でのハグをなくして、コロナの感染拡大を防ぐためである。

このロボは、ベルギーの会社Zoraboticsというところが開発したもの。次の公式動画やツイッターを見て欲しい。

一方、日本が誇るソフトバンクのペッパーくんは踊っていた。

(‘A`)「おいおい、ソフトバンクのペッパーくん負けてるんちゃうか?」

このベルギー製ロボは基本的に今後もワールドツアーレースで登場する予定で、感染拡大状況などの場合によっては登場する機会が増えるかもしれないとのこと。

このロボの次の登場はモニュメントの王様、ロンド・ファン・フランデレンとなるもよう。レースだけでなく表彰式のロボにも注目してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください