ロードレース

2021リエージュの結果・感想

2021リエージュバストーニュリエージュ(Liège-Bastogne-Liège:LBL)が終わったのでその結果と感想を簡単に。

昨年の結果

まずは昨年の2020年大会のトップ10を確認しておこう。

1位プリモシュ・ログリッチ(Jumbo-Visma)6:32:02
2位マルク・ヒルシ(Sunweb)同上
3位タデイ・ポガチャル(UAE)同上
4位マテイ・モホリッチ(BahrainーMclaren)同上
5位ジュリアン・アラフィリップ(Deceuninck-QuickStep)同上
6位マチュー・ファンデルプール(Alpecin-Fenix)0:00:14
7位マイケル・ウッズ(EF)同上
8位ティシュ・ベノート (Sunweb)同上
9位ワレン・バルギル(Arkéa-Samsic)同上
10位ミハウ・クフィアトコフスキ(INEOS Grenadiers)

昨年のリエージュといえば、アラフィリップのあの「やらかし」である。ゴールライン手前で早すぎるガッツポーズにより、最後まで諦めなかったログリッチに勝利をかっさらわれた。さらに、ゴール前での危険な走行により降格処分をくらった。

昨年のハイライトで確認思い出してもらいたい。

2021年のコースについて

ロードレースの2021リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
大会公式サイトより

コロナ禍ではあるが、ほぼ例年どおりのコース。全長259.5km(公式サイト表記)である。

もちろん最大の勝負所は、最後の2つの登りCôte des ForgesとCôte de la Roche-aux-Fauconsだ。

ここでエースらが動きライバルを蹴落とし、少数の集団となる展開が予想される。

チームUAEは出場。トム・ピドコックは欠場

さて、コロナの偽陽性っぽかったチームUAE。フレッシュ・ワロンヌ(Flèche Wallonne)は出場を認められず、リエージュの出場も危ぶまれていたが、なんども検査を繰り返すことで偽陽性が99.99%確定ということになり、無事に今大会への出場が許可された。

一方で、フレッシュ・ワロンヌに出場し最後まで好走したトム・ピドコックは、そのフレッシュでの落車で負傷したことが影響し、リエージュは直前で欠場となった。ただし怪我の程度は深刻なものではないので安心。

予想通りの展開へ

長丁場のレースであり、しかも一日中アップダウンが続き、獲得標高は約4500m。各チームのエースはやはり最後の最後までチームメイトに守られ徹底的に体力を温存する展開となった。

そして、決定的にレースが動いたのがラスト20kmあたり。 

まずCôte des ForgesでINEOSのリカルド・カラパスがアタック。

強烈なアタックが成功し、これはカラパスの独走開始かと思われたが、タデイ・ポガチャルの勝利を狙うチームUAEが猛追。やがてフォルモロが必死の追走によりカラパスを捉える。

なおこの後、カラパスは失格となる。理由は下りでスーパータックポジションを取ったことだ。

その直後、ついに優勝候補らが動いた!

アレハンドロ・バルベルデ、タデイ・ポガチャル、ジュリアン・アラフィリップ、ダヴィド・ゴデュ、マイケル・ウッズの5名が加速。しかしJumbo-Vismaのエース、プリモシュ・ログリッチがこれについていけない。

その5名は、ログリッチらの後続に対して順調に秒差を稼いでいき、30秒ほどの差が生じる。

そして5名はついに残り1kmへ。ゴール前スプリントを意識して5人全員が牽制に入る・・・なかなか誰も抜け出さない。抜け出せない・・・

その後の結末は次の動画でどうぞ。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

ポガチャルキタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!

なんやこれ、ポガチャル強すぎやろ・・・

たしかにポガチャルも登りでのアタック力があるためスプリント力はあるほうだが、まさか勝利の方程式にもちこんだあのアラフィリップを沈めるほどとは・・・

正直、アラフィリップがバルバルベをかわした瞬間に、「あ、これアラフィリップの勝ちやわ」と思ったのだが、ポガチャルの伸びがすごかった。というか、ポガチャルが上手かったのかもしれない。冷静にアラフィリップの背後をずっと狙っていたのか?

残り数キロからあまり先頭集団のローテーションに積極的に加わっていなかった感じがしたが、お互いを意識しあうアラフィリップとバルベルデを上手く利用し、自分だけ脚をためていたのかもしれない。だとすれば、なんという老獪さよ。

ただポガチャルも流石ではあるが、勝負所のCôte de la Roche-aux-Fauconsまでしっかりと彼を守り、そしてカラパスの独走を許さなかったUAEのチーム力の高さというものが光ったレースとも感じた。

日本人の中根選手について

なお唯一日本人として出場していた中根は、自身のレース中の動きをレース後に次のように振り返っている。

トップ10

順位 選手名 チーム名
1Tadej PogacarUAE Team Emirates
2Julian AlaphilippeDeceuninck-QuickStep
3David GauduGroupamaFDJ
4Alejandro ValverdeMovistar Team
5Michael WoodsISRAEL START-UP NATION
6Marc HirschiUAE Team Emirates
7Tiesj BenootTeam DSM
8Bauke MollemaTrek-Segafredo
9Maximilian SchachmannBora-hansgrohe
10Matej MohoricBahrain Victorious

2021リエージュ~バストーニュ~リエージュのハイライト動画

昨夜のハイライト動画はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください