オーストラリア

23歳の東京五輪メダリストのキーランド・オブライエンがバイクエクスチェンジと契約

オーストラリアが誇るトラック競技の天才で23歳の若者キーランド・オブライエンが同国のワールドツアーチームのバイクエクスチェンジと契約した。

キーランド・オブライエンは今夏の東京五輪のチームパシュートで銅メダルを獲得。そして今年のオーストラリア選手権ロードレースで2位、個人タイムトライアルで3位。

トラックだけでなくロードレースもタイムトライアルでも才能を発揮できるタイプだ。

ただ本格的に1年間を通じてフルタイムでロードレースで走るならば、これまでとはかなり異なる環境に身を置くことになると思われる。才能と実力は申し分ないだろうが、プロのロードレースでの走り方や技術、文化・習慣になれる必要が出てくる。また、本格的な山岳を登るためのトレーニングも必要となるかもしれない。

まだ若いため環境に対する順応力が高いと思われるので、そうした競技環境の違いなどを上手く乗り越えて、その才能と実力を如何なく発揮してほしい。

レムコ・エヴェネプールやマチュー・ファン・デル・プールらとバチバチにやり合う姿を見てみたいものだ。

チームとしては今後オブライエンがどのような分野に最も適性があり、どんなレースを狙えるのかを時間をかけて見ていきたいという方針だ。彼も多くのプロと同様にまずはこれからスペインのジローナでオフシーズンのトレーニングを積んで来年に備えることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください