Wahooの新型パワーメーターPowerlink Zero

Wahooが新パワーメーターPOWRLINK ZEROと新ローラーKICKR ROLLRを発表。GCNによるレビュー動画も。

Wahooがペダルブランドのスピードプレイ(Speedplay)を買収したのが2019年。

しかしその後は特に続報もなく時は過ぎていった。しかし、昨年の3月にはスピードプレイの新製品「POWRLINK ZERO」ペダル型パワーメーターが「発表だけ」された。当初は昨夏には販売される予定だったらしいのだが、結局販売スタートのアナウンスもないまま、今日まで至った。

しかし昨日ついにその販売が正式に発表された。また同時に新ローラー台のKICKR ROLLRも発表された。

情報源1:Wahoo Powrlink Zero pedals and Wahoo Kickr Rollr: Double launch with interlinked tech

情報源2:WAHOO RELEASES POWERLINK ZERO PEDALS AND ROLLR TRAINER

まずは新しいペダル型パワーメーターのPowerlink Zeroの姿と製品PVを。

公式サイト:Powerlink Zero

今回発表されたペダル型パワーメーターPowerlink Zeroだが、パワーメーターを左右両方で使うのも、片足だけで使うのも選べる。

計測精度は誤差±1%で、最大75時間のバッテリーライフとなっている。なおライバル製品?と思われるGarminのRallyペダルは120時間のバッテリーライフだが、どうやらこのPowerlink Zeroのほうが充電は簡単らしい。そのへんをどう天秤にかけるか難しい判断になる?

重量と価格だが、両足パワーメーターの場合は海外メディアによる実測で270gで999.99ドル(約11万5000円)。そして片足だけパワーメータの場合はWahoo発表では250gで649.99ドル(約7万5000円)。

片足の場合でいうと、パワーメーターでない通常のSpeedplay Zeroに比べると28g重くなっている。

見た目はその通常版のSpeedplay Zeroと変わりなさそうだが、ちょっとだけ大きくなっている。スピンドルは55mmの長さに、スタックハイトは1.5mmほど増えて13mmになっているようだ。

それゆえに、例えば片足だけこの新しいPowerlink Zeroにして、もう片足は通常のもののままという使い方はできないだろう。

理論的にいえば使えるだろうが、ペダルのサイズが物理的に異なっているので肉体は違和感を覚えるだろう。実際そうやってみると気持ち悪いのではないだろうか。体に変なクセがつく?

もちろんPowerlink Zeroは、既存のWahooの様々なデバイスやトレーナー(ローラー台)、あるいはソフトウェアとスムーズに接続できる。Wahooの「エコシステム」に円滑に組み入れることが可能。

当然にANT+とブルートゥース接続に対応。

新ローラーKICKR ROLLR

公式サイト:Kickr Rollr

新型トレーナー(ローラー台)として登場したのがこのKickr Rollr。昨年のフランドル地方で行われた世界選手権でプロ選手のウオームアップに使われていた。それが正式に登場した。

見ての通りダイレクトドライブ式ではない、古いタイプ(?)の方式のローラー。

この方式のローラーにもメリットはある。

たとえば、ダイレクトドライブ式の場合はトレーナーにフレームがガッチリと固定されるためカーボンフレームの場合はガチでもがくときにフレームへのダメージが気になるだろうが、その心配がない。

またいちいちタイヤを外さなくても良いため利用が心理的・肉体的に容易だ。

一方で後輪のタイヤがすり減る。タイヤのカスが発生するなどのデメリットもある。あとはダイレクトドライブ式よりも置くスペースが少し広めに必要になるか。

このKickr Rollrは前輪を固定するタイプだが、かなり幅広のタイヤでも使えるように設計されていて、最大で53mm幅または2.1インチのタイヤでもOK。

こちらも上記Powerlink Zeroペダルと同様にANT+とブルートゥースに対応。

重量は22.6kgで、価格は799.99ドル(約9万2000円)。

そしてPowerlink Zeroと組み合わせれば、既存のダイレクトドライブ式のKickrスマートトレーナーと同じことができる。

だからこそ今回パワーメーターPowerlink ZeroとこのトレーナーKickr Rollrが同時に発表された。

パワーメーターと組み合わせてどう買うべきか?

さて今回のこのWahooの新製品2つだが、その2つを買うべきかどうかに関して選び方・購入パータンを3つだけ提案しておこう。

・スピードプレイのペダルが好きだが、パワーメーターをまだ持っていない、かつ、ダイレクトドライブ式スマートトレーナーを持ってない→Powerlink Zero+Kickr Rollrのセット購入か、またはKickrスマートトレナーの購入へ

・スピードプレイは興味ない。今の他社ペダルが好き。でもパワーメーターはまだ持っていないし、スマートトレーナーもない→各社ダイレクトドライブ式スマートトレーナーの購入へ

・すでにパワーメーターもスマートトレーナーもある。でもお金もちだからいろんな機材を試したい→Powerlink Zero購入へ

他にもいろいろパターンがあるが、買う前に悩むのが一番楽しい。

GCNによるWahoo Wahoo Powrlink Zeroのレビュー動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください