ロードバイク用のおすすめ冬用ジャケット

Raphaからゴアテックスを使った冬用高性能な防水・防風ジャケットが3種類登場

Raphaからアウトドア用高機能素材ゴアテックス(Gore-Tex)を使った、冬用の高性能ジャケットが3種類発表された。ただし入荷時期は各アイテムよって異なる。次の同社インスタをどうぞ。

今回発表されたのは以下の3つの冬用ジャケット。2つはガチ勢向けのプロチームシリーズ、1つは街乗り用のコートっぽいものだ。

商品の説明は上の各アイテムのリンクから公式サイトでどうぞ。

2つのプロチームシリーズのどちらが使い勝手が良いのかというとなかなか難しい。2つとも買うとお財布が空っぽになってしまう。奥さんに激しく怒られることにもなるだろう。家庭崩壊の危険性もある。

「レイン」という名称がどちらもついているので、防水性能・防風性能はどちらも高いと思うが、MEN’S PRO TEAM GORE-TEX RAIN JACKETには背中ポケットがついていない。だがその分、軽量でコンパクトで携帯に便利。よって使い方は、必要なときだけ羽織り、それ以外はジャージの背中ポケットにつっこんでおくというのが想定されているのだろう。

この使い方に向くのは、冬でも高強度のインターバルトレーニングを繰り返す人や、登りをガンガン登ってガンガン下る人だろう。積極的に着脱しながら体温調整をする人に向いている。

一方でメンズ プロチーム インサレーティッドレインジャケットのほうは、背中にちゃんとポケットが用意されているので、一日中ずっと着用しておくことが想定されている。こちらは平地を淡々と走ったり、汗を大量にかかない強度で長時間走り続けるタイプの人に向いていると思われる。またこちらのほうが保温性が高い。

どちらか1つと言われれば、ブタはガチのレインジャケットはかつてのプロチーム用のを持ってるから、ブタが買うとすれば(買わないけど)インサレーティッドのほうかな?

人それぞれどっちの乗り方が多いかで選ぶといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください