ロードレースニュース

UAEがマイカ、マクナルティ、ウリシ、ビョーグとの契約延長を発表。ポガチャルの来年のツールでのリベンジを支える

今年の2022ツール・ド・フランスでは三連覇を逃したタデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)とチームUAE。来年のツールでは敗北を知った彼らがこれまで以上に勝利への飢餓をあらわにし、リベンジに燃えるだろう。

そんなUAEを支える4人の猛者がチームとの契約を延長したことが発表された。

今回チームとの契約延長をしたのは、ラファウ・マイカ(Rafał Majka)、ミッケル・ビョーグ(Mikkel Bjerg)、ディエゴ・ウリシ(Diego Ulisi)、そしてブランドン・マクナルティ(Brandon McNulty)の4名。

全員が2024年までの2年契約だ。

なおUAEはすでに上のように、マッテオ・トレンティン(Matteo Trentin)、ルイ・オリヴェイラ(Rui Oliveira)、イヴォ・オリヴェイラ(Ivo Oliveira)、ヴェガール・ステイク・ラエンゲン(Vegard Stake Laengen)との契約延長も発表ずみ。これら4名は1年契約。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください