Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ポガチャル落車の原因は?今後は骨折したまま高地トレーニングへ?

Share your love

先日のアルデンヌ・クラシック最終戦にしてモニュメント第4戦だったリエージュ~バストーニュ~リエージュでは、その前半でタデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)が落車しリタイアとなった。そんなポガチャルの落車の原因、そしてツール・ド・フランスに向けた今後の調整について。

リエージュでのポガチャルの落車の原因

当初はなぜ落車したのかわからなかったが、どうやら道路の陥没穴が原因だったようだ。次のツイートでは、すでにその穴が補修された後の画像が紹介されている。

この穴で被害を受けたのがおなじく落車したチームEFのミッケル・フレーリク・ホノレ(Mikkel Honoré)。その陥没穴で前後のパンクし落車。そして下のホノレのInstagramの投稿によると脳震盪の状態だったようだ。

ポガチャルは骨折を抱えたままでも高地トレーニングへ?

そしてポガチャルも落車し、左手首の骨折(ネジで固定中)と左手の骨折(こちらは手術不要なレベル)を負い、現時点では全治6週間というアナウンスがなされているわけだが、それでもチームUAEのマネージャーの一人は、ベルギーメディアに対して、現時点ではポガチャルを5月中旬のツール・ド・フランスに向けた高地トレーニングへつれいてく計画は維持したままと語ったらしい。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6666

2 Comments

  1. 骨折したのに(内心はともかく)彼女とのイチャコラ写真をインスタに上げたり「コメント欄でおもしろい映画教えてくれよな!」とか書けちゃうメンタルの強さはマジで憧れますね。

    • ポガは、レースだろうとなんだろうと毎日楽しんでいるという感じブヒね。
      完全に今までの選手とは異なるメンタルの持ち主だと思うブヒね

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!