Loading...
ニュースロードバイク

Scottの新Addictがドーフィネに登場。その特徴は?

Scott



情報源:New Scott Addict at Criterium du Dauphine



現在絶賛開催中、ツールの前哨戦として位置づけられるCritérium du Dauphiné。チームMitchelton-ScottはAdam Yatesをエースとして激走中。

同レースでついにScottの人気シリーズでるAddictの新作モデルがお目見えしたもよう。


2020年モデル?新Scott Addictの概要



さて、現行のScott Addictはこちら。↓はADDICT RC PREMIUM DISC Di2というバージョン。

2019年モデル ADDICT RC PREMIUM DISC Di2
ADDICT RC PREMIUM DISC Di2 ©Scott Japan Inc. 公式サイトより



で、Critérium du Dauphinéに登場した最新モデルが↓。

2020年モデル?Scott Addict
© Future Publishing Limited Quay House, The Ambury, Bath BA1 1UA.  上記情報源より



真横からの写真じゃないから、ちょっと違いがわかりにくいね。一瞥しただけやろ、エアロロードバイク「Foil RC Discの新型??」とも思えるやろう。

でも軽力バイクのAddictの新型となる。



パっと見て、フロントフォークの太さがかなり違うように見える。新型はごつくなってる。ディスクブレーキの制動力に耐えられる十分な剛性を確保しようとしてる?

その点では、新AddictはFoilのフレームデザインを取り入れているように見える。

現行Foilはこれ。FOIL PREMIUM DISC Di2の画像ね。実にエアロロードバイクぽい、よくあるフレームデザイン。

FOIL PREMIUM DISC Di2 ©Scott Japan Inc. 公式サイトより。



新型Addictは、この現行Foilと現行Addictを足して2で割ったようなデザインに見えるね。すわなち、軽量の山岳用バイクだったAddictを、よりエアロにしたモデルと言えると思う。

上述のフォークのデザインだけでなく、シートステーについてもエアロロードバイクっぽくやや下方に設定されてるように見えるし、ハンドルのデザインも現行Addictよりエアロっぽくなってるか。

シートポストの形状も伝統的な丸形状のものではなく、よりエアロなD形状に。そして、シートクランプも伝統的なクランプではなく、Scott社独自の最新のボルトシステムに変更。

ダウンチューブのデザイン・太さも、FoilほどではないけどAddictより太くなってる?そして、形状もよりエアロっぽくなってるか。



簡単に見たところはこういった感じやね。

なお、この新フレームはまだUCIの承認リストには載ってないし、メーカー公式にもまだ情報なし。詳細はまた後日の発表を待つべし。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」