Raphaから「昭和の東芝」ウェア。80〜90年代を彷彿させるレトロデザイン「FUTURO COLLECTION」

Raphaから、新作ウェア「FUTURO COLLECTION」が登場した。

Rapha公式(日本公式):FUTURO COLLECTION

このコレクションの特徴として、次のように書かれている。

フランスを代表する人気テーマパーク『フュテュロスコープ』の80年代後期を彷彿とさせる、ツールを賑わせた新しい世代や新しいテクノロジー、新しいアイデアを祝福する特別限定版コレクション

上の公式ページを見てもらうとわかるように、80年代〜90年代を思い出させるレトロなデザインのシリーズであり、Coureur、Sonic、Futuroといった3つテーマに沿った3種類のデザインが用意されている。

デザインはレトロだが、設計や素材などは最新技術が使われている。なので性能的には現代的である。

そのうちの1つSonicをテーマとしたデザインのウェアの説明としてこう書かれている。

20世紀の終盤、ヨーロッパ市場での拡大を目指す多くの家電メーカーがプロサイクリング界で競うようにスポンサー活動を行いました。グレッグ・レモンのチームであるラヴィクレールのタイトルスポンサーとして東芝が参入したのは1987年のこと。新しいテクノロジーを積極的に投入する姿勢を前面に出し、カーボンファイバーフレームやクリップレスペダル、ハートレートモニターをいち早く採用したチームです。多くのテクノロジーをロードレース界にもたらしましたが、その中でもジャージデザインは目を惹く物でした

ん?

公式サイトが、日本の家電メーカーのあの東芝にゆかりのあるデザインと言っているだから、東芝なのであろう。とににかくこれは、昭和の人間や東芝のDynabookを愛する人間は買うっきゃない!

なお個人的な好みでいえば、SonicとFuturoのウェアが欲しいね。お金ないから買えないけどね。

現時点ではRCC会員しか買えない。数日後に一般販売になるであろう。だがサイズなどが残っているかは不明。

価格など詳細は公式サイトでどうぞ。

Rapha公式(日本公式):FUTURO COLLECTION

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください