ファン・アールトがツール主催者ASOに賠償請求か

今年のツール・ド・フランス第13ステージ個人TTで、フェンスに脚をとられ重傷を負った、元シクロクロス世界王者Wout van Aert(以下WVA)。



WVAとチームは、そのフェンスの設置方法に瑕疵があり、そしてツール・ド・フランス主催者のASOに過失があるかもしれないと考えて、現在専門家を交えながらASOに対して損害賠償請求できるかどうか調査を進めているもよう。



情報源:Tour de France – Van Aert pourrait demander réparation à ASO



一方で、肝心な現在の調子については、リハビリも回復具合も順調なもよう。ほんの数日前から本格的なリハビリを開始している。

本人曰く「まるでスポーツマンみたいに体を動かしてるわ」とのこと。具体的には物理療法士のいる施設にいって、筋トレしたり、水泳をしたり、また屋内のトレーニングバイクに乗って1時間ペダルを回したりできるまでに回復しているもよう。

いうてもまだまだレース復帰には時間かかる。来年の夏になるかもしれへんけど、それはそれでしゃーないと本人は言う。慌てずじっくりと回復する方針。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください