Loading...
ニュース

Canyonユーザーに朗報:Aeroad, Ultimateなどを固定ローラーやターボトレーナーでの使ってもOKと同社が公式に承認

情報源:Canyon approves bikes for turbo trainer use incl. Aeroad, Ultimate, Endurace, Grail, Inflite, Speedmax, and Exceed

Canyon社が、正式に同社のバイクを固定ローラーなどで使ってもOKとの見解を発表した。



カーボンフレームのバイクのユーザーにとって、ローラー台やトレーナーを使うときに懸念されるのが、カーボンフレームにダメージがあるのではないかという点。

というのも、3本ローラーと違い固定ローラーなどの場合はフレーム後部をクランプで固定ローラー台にしっかりと固定する必要がある。そうすると、たとえば全力でもがいたり、ダンシングしたりなど高強度トレーニングする場合にバイクが揺れることで、カーボンフレームがねじれたりする。それが蓄積されていくと、いつかカーボンフレームが破断するのではないかとも考えられる。

実際にはそんな事例は海外ニュースでもほとんど見たことないわけやけどね。ゼロとはいわへんけど。ま、可能性としてちょっと心配になるのも無理はない。

そして実際にCanyon社は、これまで会社の方針として同社のバイクを3本ローラー以外のローラー台やトレーナーに使わないようユーザーに忠告していた。

しかし、今回、情報源記事のメディアが「今もまだそういう方針なん?」という質問に対して、「その種のローラー台やトレーナーに使ってもかまへんで。ただし、ローラー台やトレーナーを販売する各社の公式アクセサリをちゃんと使ってな」という返答。

そして今回、Canyon社による使ってもOKという承認の対象になったバイクは以下のもの。

  • Aeroad
  • Ultimate
  • Endurace
  • Grail
  • Inflite
  • Speedmax
  • Exceed


よかったね。



(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」