Movistarのアレハンドロ・バルベルデ

MovistarのコンポがSRAMへ?Campagnoloから変更か

情報源:Industry leak: Movistar moving to SRAM for 2020

バイク製造業界の人間からリークされた情報によると、来年Movistarが使うCanyonのバイクにはSRAMのコンポが搭載されるもよう。チーム創設以来これまでずっとCampagnoloだったのに突然の変更となる。

12月2日に投稿されたチーム公式Instagramがこれ。



この時点ではまだどうみてもCampagnolo。

次に下の投稿を見てほしい。2日前の12月19日(18日?)の投稿。複数枚の画像が含まれているけど、その最後の画像を見てほしい。



この投稿中の最後の画像では、フロントリングがチラっと見えている。



これ。このクランクセットのデザインは・・・




これがSRAM REDのクランク。

ということで、どうやらリーク情報は正しいか?

さてワールドツアーチームでSRAMといえば2チーム。1つは今年から使ってるTrek-Segafredo。そしてもう1つがなくなってしまったKatusha-Alpecin。

Katusha-Alpecinが消滅してから、SRAMはMovistarへ営業をかけたのか?それともKatusha-Alpecinにもバイクを提供してたCanyonがSRAMを連れてきたのか?SRAMがCanyonに働きかけた?真相はいかに?

ちなみにSRAMはディスクブレーキへ完全に舵を切っている。したがって、来年からMovistarのバイクは山岳だろうがなんだろうが全部ディスクブレーキだけになる可能性がある。



2 thoughts on “MovistarのコンポがSRAMへ?Campagnoloから変更か

  1. ついでに言うと、ホイールはZIPPになります。チームプレゼンテーションの映像でバイクが展示されていたのですが、SRAMとZIPPになってました。もちろんDiscで。

    1. コメントあざっす!

      チームプレゼンの存在をすっかり失念してたブヒ。そっちみとけばよかったブヒね。
      やっぱりディスクオンリーになりそうブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください