Israel Cycling AcademyのバイクがFactorへ。デ・ローザから変更。

情報源:Israel Cycling Academy to ride Factor Bikes from 2020

Katusha-Alpecinと合併(というか呑み込んだ)したIsrael Cycling Academy。これまではDe Rosaがチームバイクだった。しかし、来年度からバイクはFactor Bikesへ変更となるもよう。



現時点ではまだチームからもFactorからもどこからも公式発表はないし、バイクの画像はない。上の情報源記事ではドドーンと最初にバイクの画像があるけど、あれは実際の実物のバイクではなく、情報源メディアがテキトーに作ったもの。

おそらくワールドツアーチームにバイクを供給するメーカーとしては最小規模であろうFactor。2017年と2018年はAG2Rにバイクを供給。ロマン・バルデも乗っていた。



しかし、今年から契約がなくなり、今年はプロコンのRoompot-Charlesと契約していた。



バイク本体はFactor社が、そしてホイールとハンドル回りは同じ資本系列にある姉妹会社Black Incが提供するもよう。同時に、CeramicSpeedとSelle Italiaも機材スポンサーとして決定ずみ。さらにタイヤはMaxxisが供給することになっている。

Maxxisはこの契約により、同社史上初めてワールドツアーチームへのタイヤ供給となる。いわば来年ワールドツアーデビューを果たすことになる。

Wiggleでブラックフライデーセール開催中。Maxxisのタイヤも各種売ってるよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください