ヨーロッパ選手権

ヨーロッパ選手権の開催都市が変更。イタリアからフランスへ

今年のヨーロッパ選手権はもともとイタリアのトレンティーノで開催される予定だった。しかし、新コロ助19がイタリアでも猛威を振るい、トレンティーノもシャットダウンの規制が実施されていた。それを受けて、同都市は今年の開催を断念した。代わりに、来年のホスト都市となる予定。

そして、トレンティーノの代わりに今年のヨーロッパ選手権を開催する年は、フランスのプルエ(Plouay)となった。



開催日程は8/24~8/28まで。初日は個人タイムトライアルから始まる。その二日後、8/26に男子ロードレースが、8/27には女子ロードレース、そして最終日の8/28男女混合チームによるチームタイムトライアルリレーが開催される。

去年の男子タイムトライアルと男子ロードレースの王者は、それぞれレムコ・イヴェネプール(Remco Evenepoel)と、エリア・ヴィヴィアーニ(Elia Viviani)である。両者とも今年も防衛なるか?

なお、同選手権が終わった翌日8/29からツール・ド・フランスが始まるため、選手らの調整の難しさはもちろん、移動の多忙さが例年よりも大きなものとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください