【まもなく発表?】Lotto SoudalのCarl Fredrik Hagenがイスラエルへ移籍か

ついに本日からいよいよワールドツアーが再開となる。本日行われるその初戦がイタリアの名物レース、ストラーデ・ビアンケ(Strade Biache)である。

しかし8/1といえば同時に移籍契約の解禁日でもある。先月のクリス・フルーム移籍発表は例外として、今日からどんどん各チームによって移籍契約の知らせが飛び込んでくるだろう。



そんな中、Lotto SoudalのCarl Fredrik Hagen(ノルウェー。28歳)が、ISRAEL START-UP NATIONへ移籍するかもしれないとの報道が出てきた。

情報源:TV 2 erfarer: Carl Fredrik Hagen går til nytt lag – blir lagkamerat med Froome

Carl Fredrik Hagenは、昨年の成績は、

  • クリテリウム・ドーフィネの第8ステージで3位
  • ノルウェー選手権ロードレースで3位
  • ブエルタ・エスパーニャは総合8位
  • ツアー・オブ・ノルウェーは総合10位



このような好成績を残していた。そしてこの高いパフォーマンスを受けて、Lotto Soudalは今年のジロ・デ・イタリアで彼を総合成績を狙うエースとして位置づけていた。

そんなCarl Fredrik Hagenがイスラエルへ移籍するかもしれないという報道である。もちろん、クリス・フルーム(Chris Froome)の強力なアシストとしてであろう。同時にCarlにとってはフルームから様々なことを学べるチャンスでもある。ひょっとしたらイスラエルの未来のエースという話にもなっているかもしれない。

上述のように今日から移籍解禁となるので、早ければ今日にでもこの移籍が発表されるかもしれない。もちろんただの飛ばし記事で終わる可能性もあるが。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください