Loading...
ニュース

Rapha28億円の損失

去年8月、小売の帝王こと米国ウォルマートの創始者の孫たちによって、買収された高級ウェア(たぶん)のRapha。



年々Apple化し、宗教と化したブランド。ワシも好き。たぶん。たぶんってなんやねん。

ていうか単純にもう、他のブランドのウェアを選ぶのがもうめんどくさくなってきた。最近はウェアブランドの選択肢多すぎてややこしい。


普段着ならユニクロのみ。ユニクロ以外を選ぶのが邪魔くさい。ユニクロ以外の店にいくのがめんどくさい。


それと同じ感覚になってきた。もうダメかもしれんね(?)


さて、今回はそんな新興宗教Raphaのお話。なんと、買収されてからというもの、いろいろあってRaphaは£20m(約28億円)もの損失があったもよう。

情報源:RETAIL GAZETE紙, “Rapha swings to £20m loss”




Raphaの2017年下半期売上と損失



上述、ウォルマートの孫たちによる買収額は£156万。約220億円。


一方で、2017年「下半期」の売上高は、£42.2m(約60億円)。


ところが、2016年度の「年間」売上高は、£67.1m(約96億円)。このときは2015年度比で37.1%もの売上の伸びを記録してた。




2016年度は一年間で£67.1m。しかし、2017年度は下半期だけで(つまり2分の1の期間)、£42.2m。


せやから、2017年度は年間やと乱暴に2倍すると、£84.4mと仮定。


とすると、2016年度と2017年度を比べると売上高自体は順調に伸びてるということになる。


しかし、売上高よりも問題は利益がなんぼかどうか。この点、情報源によると、2017年下半期は£20m、約28億円の赤字らしい。ただし税金処理前での話ね。


知ってのとおり、以前はRaphaはチームSkyにウェアを提供してたけど、それをやめた。そしてチームSkyはCastelliになった。



しかし、ワールドツアーチームへの提供をやめるとマズイという結論になったのか、来年からはEF Education First – Drapac p/b Cannondaleと契約を締結。ウェアを提供することになった。




ま、なんかいろいろ事情あるんやろ。いろいろとね。


Raphaについてはこれらの過去記事もまたどぞ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」