Loading...
ウェア・シューズ・バッグ・グッズ類ニュース

なぜRaphaはチームSkyとの契約を終了させたのか?その2つの理由。

Rapha Japan公式Twitterより

Team Skyのジャージは、2013~2016年の4年間Raphaが提供してたけど、今年からはカステリ。
RaphaとチームSkyは同じイギリスブランドということで、蜜月は長期間続くかと思ってたいただけに、両者間の契約終了はちょっと意外な感じを世界に与えた。

なぜ契約をやめたのか?その理由を2つ、Raphaの社長が語った。

情報源:Rapha boss reveals why sponsorship of Team Sky ended

(1)RaphaがチームSkyとの契約をやめた理由、その1。

Rapha公式Twitterより

①Raphaがかつて語ったこと

RaphaがチームSkyと契約を結んだとき、Raphaの社長はこう言っていた。

“enthusiastic to inspire and engage a wider fan base around the globe.”

訳「これからは世界中のより多くのファンを興奮させ、巻き込むことができるであろうと、かなりワクワクしている」

②なぜ契約をやめたのか?

Raphaと契約してる間に、チームSkyはツール・ド・フランスで輝かしい結果を出した。そして、Skyは英国が誇る最強のプロチームとなり、他のプロチームに比べて何倍もの予算をスポンサーから獲得することもできている。

もちろんRaphaの知名度も上昇し、年間の売上も急上昇したのも事実。したがって、SkyもRaphaも成功だったと言えるのではないかと思える。それなのに、なぜRaphaはSkyから手を引いたのか?

その理由について、社長はこう言う。

“We sold a lot of stuff, which made Team Sky some royalties and it was good for us,” 

訳「Rapahは多くのチームSky関連商品を売った。もちろんチームSkyにロイヤリティを支払ったけど、でもそれはRaphaにとっては良いことやった」

ま、売上伸びてたしな。ということは、売上以外の点が主要な理由となるわけやな。社長は次のように続ける。

“The connection with cyclists and engagement and getting fans more connected with the sport never worked quite as well as we wanted.“ 

訳「自転車ファンとのつながり、ロードレースというスポーツに関するRaphaの活動の深化とさらなるファンの獲得は、決して期待してほどうまくいかへんかったんや」

そしてこう言う。

“That was not a black mark, but disappointing.”





訳「(金儲けとして)失敗やったわけやない。でもがっかりした」

要するに、金の問題ではなくて、社長のロードレースに対する願望・理想、すなわちRaphaの根本的理念である、ロードレースへ深くかかわること、そして世界中にロードレースのファンを作ることが上手くいかなかったということやな。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(2)RaphaがチームSkyとの契約をやめた理由、その2。

Rapha公式Twittterより

上記のことに加えて、社長はもう1つの理由 ―明確なはっきりとした理由ではないかもしれへんから、理由というよりは「事情」とか「背景」という感じか― をほのめかしとる。


 “The proportion of team kit wearers is less and less.”

訳「チームSky関連商品の売り上げはどんどん減っていっとる」

 “It’s another sign that pro racing is a little bit broken. We don’t even want to wear the team kit. That’s not good, is it?”

訳「それはプロレースがちょっとおかしくなってることを示す別の兆候や。みんなプロチームと同じデザインのジャージを着たいなんて思ってないんや。 それちょっとおかしいんとちゃう?」

Raphaという企業の売上はどんどん伸びていってたけど、チームSkyのジャージの売上枚数は落ちてたんやね。

仮にやで現実にSkyがプロチームの中では1番人気のあるチームやとしても、Skyと同じジャージを着ようとするファンが少ないってことやな。

社長としては、「プロチームへの愛が、プロロードレースへの愛が減ってるんちゃうの?」「ロードレースというスポーツに対する世間の評価がよくないんちゃうの?それって、プロのロードレース業界にとってどうなん?」といいたいんやろな。

もちろん社長は、ロードレースにつきもののドーピング問題についても言及してる。

確かに昔ほどプロチームと同じデザインのジャージを着る人間は多くないと思える。

でも、そもそもRapha自体が当初からスポンサーロゴが無秩序(?)にデカデカとデザインされてるジャージへのアンチテーゼみたいな方針やったやん?

そのRaphaが世界で人気になったんやったら、そら、プロチームのスポンサーロゴがゴロゴロしたジャージを嫌う人間も増えるやろうし、Raphaを買う人間はその種のジャージなんてそもそも買わへんのが普通やろ。

せやから、そらね、プロチームと同じデザインのジャージは売れないのが当然よ。

むしろ、プロチームのジャージが売れないことは、Raphaの成功、Raphaのデザインの成功してるとの証拠になるんちゃうの?乱暴な言い方したら、自分らが播いた種ちゃうん?と思うけどな。

すなわち、

・プロロードレースどうこうと

・そのチームジャージを着るかどうか

これら2つはまた別次元の問題かもなということや。

まぁ、ひょっとしたら両者の根本=ロードレースの「プロチーム」に対する社会的な潜在イメージは同じなんかもしれんけど。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK