ロードレースの2021ブエルタ・エスパーニャ

ログリッチ!ログリッチ・・・2021ブエルタ第10ステージの結果と感想

ログリッチではじまり、ログリッチで終わる。そんな感じの第10ステージの結果と感想を。

今日のコース

今日のコースについては、さっきの記事「最後に突然2級山岳:今日の2021ブエルタ第10ステージのコース紹介」を見てもらいたい。

基本的に小さなアップダウンがあるだけでずっと進むのだが、ゴール前に1ついきなり2級山岳が登場する変なステージだ。

ブタの優勝予想としては、上の記事でこのように書いておいた。

優勝予想として選手名を挙げる非常に難しいステージだが、チーム名だけの予想はチームDSMかAG2Rのどちらか。

休息日明けでみんな張り切りすぎ!

序盤に出来た逃げ集団を見て欲しい。

おわかりいただけるだろうか、30名の巨大な逃げ集団(途中で31名に)だ。普段は少数の逃げの場合はそのメンバーを書き出しているのだが、今回は楽をさせてもらおう。次の画像でこの逃げのメンツを確認してほしい。

この巨大すぎる逃げ集団も少しずつ数を減らしていく。そしてゴール前20km地点からの2級山岳Puerto de Almácharで1人飛び出すことに成功したのが、チームDSMのマイケル・ストーラー(Michael Storer)だ。覚えている人もいるだろうが、すでに今大会はこの前の第7ステージで優勝している。それに満足せずに貪欲に勝利を狙う姿勢だ。

ストーラーは調子よく逃げを続け、この日唯一の勝負所の2級山岳を独走で越えることに成功する。追走グループと50秒ぐらいの差をつけて下りを攻めてゴールへ快走。

ログリッチ!ログリッチぇぇ・・・

一方そのころメイン集団も2級山岳。さほど難易度の高い山ではないうえに、山岳賞ポイントやボーナスタイムはすでに逃げ集団が取りきっているので、特に動きはないだろうと予想していた。しかし・・・

まさかのログリッチの不意打ちキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

集団の先頭を引いていたカラパス含めて全員が「ファッ!?」となった瞬間だ。視聴者も「!?」となっただろう。まさかすぎるアタックだ。

そして誰もこの直後に動けない。みんなログリッチを見送るだけ!

しばらくしてようやくマスを先頭に数人が追いかけるが、東京五輪個人タイムトライアルの金メダリストでしかもブエルタで絶好調のログリッチに追いつけるのか?ログリッチは下りも攻める、攻める!

ロードレースの2021ブエルタ・エスパーニャ

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ログリッチが下りでまさかの自滅!上手く滑っていったおかげで擦過傷はあるものの、骨などへのダメージは比較的弱い??すぐにバイクにまたがり走行再開へ。骨折は大丈夫そうだが・・・。

落車時の映像がこちら。

攻めすぎて曲がりきれないと悟って急ブレーキをしたか。後輪がグリップ力を失ったように見える。そしてバランスを崩してガシャーン。

幸いにもガードレールがしっかりと設置されていたところだったので、崖下への転落は免れた。もしそうなっていれば、アレハンドロ・バルベルデの二の舞となるところだった。ガードレールくんグッジョブ!運がいいのか悪いのかわからないが、ポジティブに捉えよう。

予想的中!

さてそんなログリッチの落車に気を取られているうちに、マイケル・ストーラーは順調に快走してゴールまで残り1k目に。気になる追走との差は20秒。追走が3人で爆走してこなければいける!

というわけで、残り1kmからのゴールシーンをどうぞ。

マイケル・ストーラーが今大会2勝目!チームとしてもブエルタで2勝目!ストーラー様様だ。

再びブタの事前予想を書こう。

優勝予想として選手名を挙げる非常に難しいステージだが、チーム名だけの予想はチームDSMかAG2Rのどちらか。

??「ぼく言いましたよね」

そして気になるのはログリッチ。結局次のようになった。

(´・ω・`)ログリッチ・・・骨折り損のくたびれもうけとはこのことやね。

そしてINEOS Grenadiers・・・ベルナルもイエーツも結局のログリッチの不意打ちでノックアウト。今日もタイムを失ってしまった・・・一方モビスターはログリッチの自滅もあったが結果オーライ。このへんは幸運がついてると言えるだろうか。バルベルデの不幸はあったが、ひょっとしたら勝利の女神はモビスターにご執心?。

ゴール後のログリッチの様子はこんな感じ。

ケツの部分の出血が痛々しいが、やはり特に深刻なダメージはなさそうだ。ツール・ド・フランスのときの落車よりずっとマシか。

今日のトップ10

順位選手名チーム名タイム差ボーナスタイム
1 MICHAEL STORERTEAM DSMB : 13”
2 MAURI VANSEVENANTDECEUNINCK – QUICK – STEP+ 00H 00′ 22”B : 6”
3 CLÉMENT CHAMPOUSSINAG2R CITROEN TEAM+ 00H 00′ 22”B : 6”
4 DYLAN VAN BAARLEINEOS GRENADIERS+ 00H 00′ 22”
5 ODD CHRISTIAN EIKINGINTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX+ 00H 00′ 22”
6 JHONATAN MANUEL NARVAEZ PRADOINEOS GRENADIERS+ 00H 00′ 51”
7 NICHOLAS SCHULTZTEAM BIKEEXCHANGE+ 00H 00′ 51”
8 GEOFFREY BOUCHARDAG2R CITROEN TEAM+ 00H 00′ 51”
9 LILIAN CALMEJANEAG2R CITROEN TEAM+ 00H 00′ 51”
10 KENNY ELISSONDETREK – SEGAFREDO+ 00H 00′ 51”B : 1”

第10ステージ終了後の全選手分の総合順位と各賞ジャージは次の記事に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください