Enter your email address below and subscribe to our newsletter

2023ツール・ド・フランス第19ステージ

こんなん予想できるか!!2023ツール・ド・フランス第19ステージの感想・結果・ハイライト

2023ツール・ド・フランス第19ステージの感想・結果・ハイライト

Share your love

前日の2023ツール・ド・フランス第18ステージは「まさかの3乗」ぐらいの驚きの結末となったわけだが、今回の第19ステージも予想外すぎる展開となった。逃げた選手があまりにも予想外すぎた!

第19ステージのコース

感想・ハイライト

まさかの二人が逃げ!

前日の第18ステージで逃げ切りを決めたのは4名。そしてその中から優勝したのがカスパー・アスグリーン(Kasper Asgreen)。クイックステップが今大会ようやく1勝をあげることができた。

誰もがガチすぎるほど本気のツール・ド・フランスで逃げを決めるのはほぼ不可能。だがそんな奇跡の逃げを成功させた立役者といえばやはりロット・デスティニー(Lotto-Dstny)のヴィクトール・カンペナールツ(Victor Campenaerts)と言えただろう。彼が逃げ集団を最後の最後まで導かなければ最後はプロトンに吸収されていただろう。カンペナールツは1日中すばらしい働きをした。

そして今日のレースがスタートすると・・・

またカンペナールツが逃げに乗っている!もうこの時点で視聴者はテンションアゲアゲだったろう。さらには昨日と同じくジュリアン・アラフィリップ(Julian Alaphilippe)もいる。

この逃げは追走の大きな集団から30秒前後の差で逃げ続け、中間スプリントポイントを通過。逃げ集団の中にいたマッズ・ピーダースン(Mads Pedersen)が一位通過してポイントを稼ぐ。彼はこのために逃げに乗っていたのだろう。

そしてこの中間スプリントポイントの少し後で逃げは後方の追走集団に吸収される。

ここからカンペナールツはまだ諦めに逃げるべく集団からアタック。これにサイモン・クラーク(Simon Clarke)がついていくが、不運にもサイモンは途中で脚がつり、カンペーナルツだけの逃げとなる。

この後さらなるサプライズが起こる。

なんと前日優勝したカスパー・アスグリーン(Kasper Asgreen)が今日も逃げ切り勝利をつかむべく動いたのだ。前日に逃げ切りを決めたばかりの二人が、そして逃げ切り優勝した選手が連日逃げ切りを狙うとか予想が無理すぎる。だがこれは熱い展開。

アスグリーン、ベン・オコナー(Ben O’Connor)、マテイ・モホリッチ(Matej Mohoric )の3人が、先行したカンペーナルツを落として逃げをスタート!ロンド・ファン・フランデレン優勝者とミラノ~サンレモ優勝、そしてAG2Rの総合系エース格という実力者ぞろい。人数は3人と少ないが可能性を感じさせるメンツだ。

だが前日のステージでは逃げ切りを許すという失態をさらしてしまった追走集団は、さすがに今日は同じ失敗をしないだろうと予想される。

普通の平坦ステージのレースでは10km1分の法則。だが今日は追走集団をスプリンターチームが一丸となって引いているわけではなく、チームばらばらのメンツの集まり。だが直前まで協調して追えばまぁ余裕で捕まえられるだろう。

えっ、マジで!?マジでぇええ!!!

2023ツール・ド・フランス第19ステージ

あれ?残り7kmで28秒差・・・

2023ツール・ド・フランス第19ステージ

残り3kmでも31秒差・・・

あっ…(察し

2023ツール・ド・フランス第19ステージ

残り2kmで32秒差。はい決まった!2日連続の逃げ切り決まった!

しかもカスパー・アスグリーンの2日連続逃げ切り優勝というとんでもない結末も見えてきた!

プロトンあるいはそれなりの規模の追走集団が明らかに捕まえられるのに捕まえられなかったという失敗を、しかもツール・ド・フランスで2日連続そんな同じミスを犯したことがあったか??なんかもう毎日書いてる気がするが、今年のツールは初日からずっといろいろおかしい。

奇跡は起こるか!?

そして3人によるゴール前スプリント!アスグリーンは2日連続の逃げ切り優勝という奇跡を起こせるか!?

🐷「うああああああああ!!!え?わからん!アスグリーンか!?」

2023ツール・ド・フランス第19ステージ

モホリッチだああああああああああああああああ!!!!!!!アスグリーン、奇跡の2日連続逃げ切り優勝ならず!

このツイート画像を見て欲しいが、ゴールライン直前までアスグリーンが先行していた。しかし本当にゴールラインに届こうかというその刹那の一瞬、モホリッチがバイクを投げ出して優勝をかっさらった。

上の画像の2枚目のシーンで、両者の腕の伸ばし方の違いに着目してほしい。明らかにアスグリーンのほうは肘がまがっている。まさにその分だけアスグリーンはゴールラインに届かなかった。バイク投げは意味があるのかとよく議論になるが、こういうのを実際に見るとバイク投げはやはりかなり重要だと理解できる。みんなバイク投げの練習をしよう。

シマノのニュートラルサービスにブチギレ

まぁこれはしゃーない。

レース全体のハイライト動画

結果

ステージトップ10

1Matej Mohorič Bahrain – Victorious1位との差
2Kasper Asgreen Soudal – Quick Step,,
3Ben O’connor AG2R Citroën Team0:04
4Jasper Philipsen Alpecin-Deceuninck0:39
5Mads Pedersen Lidl – Trek,,
6Christophe Laporte Jumbo-Visma,,
7Luka Mezgec Team Jayco AlUla,,
8Alberto Bettiol EF Education-EasyPost,,
9Matteo Trentin UAE Team Emirates,,
10Thomas Pidcock INEOS Grenadiers,,

総合トップ10

1Jonas Vingegaard Jumbo-Visma1位との差
2Tadej Pogačar UAE Team Emirates7:35
3Adam Yates UAE Team Emirates10:45
4Carlos Rodríguez INEOS Grenadiers12:01
5Simon Yates Team Jayco AlUla12:19
6Pello Bilbao Bahrain – Victorious12:50
7Jai Hindley BORA – hansgrohe13:50
8Felix Gall AG2R Citroën Team16:11
9Sepp Kuss Jumbo-Visma16:49
10David Gaudu Groupama – FDJ17:57

各賞ジャージ

ジャージ選手名チーム名
マイヨ・ジョーヌ(総合首位)ヨナス・ヴィンゲゴー(Jonas Vingegaard)Jumbo-Visma
マイヨ・ヴェール(ポイント賞)ヤスパー・フィリプセン(JasperPhilipsen)Alpecin-Deceuninck
マイヨブランポワルージュ(山岳賞)ジュリオ・チッコーネ(Giulio Ciccone)Lidl-Trek
マイヨ・ブラン(新人賞:25歳以下)タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)UAE Team Emirates
Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6666

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!