GCNのロードレース配信アプリ

GCNのアプリの感想・レビュー。ロードレースはきちんと楽しめるのか?



昨夜、再開されたワールドツアー初戦のストラーデ・ビアンケが開催された。去年まではDAZNでの配信だったが、ロードレース配信からDAZNが突然に撤退した今年は一体どうなるのか・・・と誰もが思ったはず。

そんな中、突如救世主として登場したのが、世界で最も人気があるであろう自転車系動画メディアGCN。満を持して(?)のロードレース配信事業への初参戦である。

基本的にはJスポが配信権利を持っていないレースを配信する。ジロ・デ・イタリアもGCN配信対象である。そして昨夜のストラーデ・ビアンケもこのGCNによる配信となった。

GCNによるロードレース配信は、GCNによる独自アプリでのみ利用できる。よってまずはアプリをスマホやタブレットにインストールして使うことになる。PCでは使えない。

そこで今回は、実際にそのGCNアプリを使ってストラーデ・ビアンケを視聴したので、GCNアプリの感想を書く。


料金体系

  • 年間契約ならば5500円。ただし今なら早期契約特典キャンペーン中で5000円
  • 1か月ごとの契約(マンスリーパック)ならば1か月1100円(900円のプランも登場した?



よって、5か月(900円なら7か月)以上利用するならば、年間契約のほうがお得である。

日本で配信されるレースはこちらの記事を→【続】GCN Japanのロードレース配信サービスについて。対象のレース、価格、日本語解説、ツールの配信は?


感想:きちんと使えるアプリ

視聴中にアプリが不安定になることもなく(iPadでの利用)、良い意味で「フツーに使える」アプリである。それこそ、TwitterやInstagramなどのアプリと同じレベルで普通に使えるアプリである。

日本で配信されるレースはこちらの記事を→【続】GCN Japanのロードレース配信サービスについて。対象のレース、価格、日本語解説、ツールの配信は?

その他の情報

その他、ブタが実際に使った場合の情報と、GCN Japanの公式Twitterでコメントされてる情報を簡単にまとめておく。

・スマホとタブレットの同時視聴は可能

・日本語とその他の外国語との切り替えが容易に可能(ただし、昨夜は日本語版の音声だけしばらく不調で聞こえなかった。ブタはさっさと英語音声に切り替えていた)

・90分の時間制限はただの公式の誤表記。実際、90分以上普通に配信されて視聴できた。

・iPadでは、端末を横向きにして画面(映像)を大きくすることができた。(追記8/6・・・アンドロイドのスマホでは「横向きする」+「画面をタップすると表示される拡大マーク(← →)を押す」という2つの操作をすることで拡大できる)

・ブタの環境(NTT関西フレッツの光回線、自宅Wi-Fi)では映像が途中で止まるなどの不具合はなし。

見逃し配信あり。レースのライブ配信終了後も1年間はそのレースの動画を見られる。ライブ配信を見られない人に朗報。

・現状、iPadでミラーリングする場合はipad上では日本語音声が流れていても、ミラーリング先では英語音声になる。

追記(8/6)WEB版(ブラウザで見られる版)も開発中とのこと。→GCN Japan動画内で言及

ある特定の言語版の音声が不調な場合に他の言語の音声にすぐに切り替えられるというのは非常に有用だと感じた。

もちろん何を言っているのかわからないが、実況などの音声がない場合はなんというか、ライブ感とか臨場感のようなものが減るからね。とりあえず解説や実況の音声があるほうが「にぎやかし」とか「レースらしさ」のようなものは楽しめるからね。

今後の要望・期待

やはりPC(デスクトップ・ノートPC)のモニターで見られるようになってほしい。現状でもTVへ出力して見ることは可能であるが、やはり「ネット配信」という点では「パソコン」で見るほうが、余計な接続やらネットワークの設定やらを考えなくても良いし、PCで作業しながらの「ながら視聴」には向いている。

それにPCのブラウザで見る場合なら、スクリーンショットの撮影→保存→加工といった作業もパソコンだけで完結させることができるため便利。特にブログを書いたりする人間には。

ただ、おそらくPCのブラウザによる視聴を可能とする場合には、GCNとしても月額または年間契約の金額を増やさないと無理な気がする。放送権の契約内容の変更や、各種の設備投資が必要となるように思われるので。いや知らんけど。

年間契約では1年間で5500円(今のキャンペーン終了後)。1か月500円未満。単月ごとの課金コース(マンスリーパック)だと1か月につき1100円(900円のコースが新設された?)

マンスリーパックの1100円(900円)だと正直「(-ω-;)う~ん・・・」と迷う感じだが、年間契約なら1か月500円程度。それで済ませられる金額で配信するには現状のアプリでの視聴方式しかできないのかもしれない。

あるいは、PCでのブラウザ視聴も可能となる新コースを作って、客がいくつかのコースを選べるようにするとか?

総括

以上、PCのブラウザ上で見られないのは残念だが、それ以外は特に不満はない。

年間契約の額(その場合の月額は500円未満)を考えれば、それに見合った妥当なアプリの出来とサービスの内容・質だと判断した。

どちらにしろ日本のロードレースファンには他に選択肢ないからね・・・

日本だとASOが関係する大イベントと世界選手権ロードレースの配信がないが、そこはまぁJスポと競輪チャンネルともいえるSEEDチャンネルがそれぞれ権利もっているからその点はしゃーない。

日本で配信されるレースはこちらの記事を→【続】GCN Japanのロードレース配信サービスについて。対象のレース、価格、日本語解説、ツールの配信は?



8 thoughts on “GCNのアプリの感想・レビュー。ロードレースはきちんと楽しめるのか?

  1. 15秒ずつの早送り・早戻しも付いてるし悪くなかったですね >アプリ
    でもやっぱり大画面で見たい。
    Chromecastもまだ実装されてなかったし、PCのブラウザ対応よりもこっちを早く対応してほしいものです。

    1. どうやらみんな普通に使えていたようブヒね。まずはまぁまぁの滑り出しというところブヒ?

      やっぱり大画面対応が今後の最優先課題となるか、というところブヒね。現状AppleTVだけ?

      1. んー、今のところ外部キャストは実装されてないですね
        アイコンをタップしても表示されるのは自分の(今視聴してる)iPhoneにチェックマークが付いてるだけで、他には何も表示されてなかったですよね?

        1. Apple TVにもまだ対応してなかったブヒか。ミラーリングしか不可能という現状ブヒね。

          てっきりiOSアプリだからAppleのサービスには全部対応してると思いこんでたブヒ。

  2. 初めまして。
    普段無料ライブストリーミングをアンドロイドタブレット・スマホを横向きに画面大きくして
    アンドロイドTVで視聴してます。 
    ご指摘ではアンドロイド端末の横向きは現状できないとこと。
    ファーウェイ利用してますがメーカーに限らず、アンドロイドでは横向き大画面ができないと解釈したほうがいいでしょうか。
    今回ストラデ視聴中いつになく映像止まる回数が多かったのでGCNパス購入を考えていましたが、貴重な情報に購入踏みとどまってます。
    貴重な情報

    1. ども!コメント感謝ブヒ!

      アンドロイドでも画面拡大するには2つの手順を踏めばできるとわかったブヒ。

      ・視聴中のレースの画面上をタップして、「画面拡大マーク(← →)」を表示させて、それを押す
      ・スマホを横にする

      この2つの操作をすれば画面拡大できるブヒ。TwitterでもこれでOKと書いてる人がいたブヒ。

      ただ、アンドロイドスマホはメーカーごとに微妙に仕様が違っていたりと統一性がないので、ひょっとしたらファーウェイのお使いのものではできないかもしれないブヒ。

      あと、最近UPされたGCNJapanの動画「https://youtu.be/wG7zr2A9wD4」では、WEB版(PCのブラウザで見られる版)を作成中であること、Chromecastにも対応していると言ってるブヒ。

  3. 早速調べていただいて感謝です。
    操作をすれば大画面にできるとわかって安心しました。
    動画で土井ちゃんの大画面説明も聞けました。

    シーズンもこれからですしGCNパス購入してみようと思います。
    タイムリーな記事ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください