【続】GCN Japanのロードレース配信サービスについて。対象のレース、価格、日本語解説、ツールの配信は?



先週、GCN(GCN Japan)が独自アプリによるロードレース配信を日本でもついにスタートという記事を書いた。



この配信サービス発表から今日までに、公式から訂正された点・明らかになった点などが数点あるので、今回はそれを簡単にまとめておくブヒ。

【追記】実際に使ってみた感想を書いたブヒ→GCNのアプリの感想・レビュー。ロードレースはきちんと楽しめるのか?




料金体系:年間価格は5000円(早期契約で割引の場合)

選べるコースは、2種類。

  • 年間契約→1年で5500円(キャンペーン期間中なら5000円)
  • 1か月ごとの契約(マンスリーパック)→1か月1100円(900円のコースも登場した?)



よって5か月以上使う使うならば年間契約のほうがお得である。



年間契約についてアプリ上の表記は「¥5000ポンド」と意味不明な表記になっていたが、5000「円」で確定である。ワシもipad上のアプリで契約したが、実際にAppleからの領収書は5000円である。

上の過去記事でも書いたが、8/12までは年間契約が本来5500円のところ5000円と、500円の割引となるキャンペーンを開催している。

日本語解説は?

GCN Japanの公式Twitterによると、

できるだけ日本語解説をしたいのです。メインのレースは必ず付けるようにします。



と述べられている。期待できそうである。実際にストラーデ・ビアンケでは、日本語音声を選択すると土井ちゃんと木下アナのコンビが解説・実況を担当していた。

90分しか見られないのか?

アプリでは「90分のライブとオンデマンド」という表記がなされているが、どうやらこれは間違った記載だろうと中の人が述べている。

よって、普通に長時間見られるだろう。実際に使ってみると90分以上見られた。→【追記】実際に使ってみた感想を書いたブヒ→GCNのアプリの感想・レビュー。ロードレースはきちんと楽しめるのか?

画質や大画面TVへの出力対応は?

同Twitterでは、

AmazonFireTVはまだできていないです。今はChromecastとAppleTVです。



と述べられている。

画質はフルHD画質(フルハイビジョン。1080p)である。

アプリではなくWEBブラウザでは見られないのか?

現状は無理。だが、WEBブラウザ経由でも見られるよう開発を進めているとのこと。

ツール・ド・フランスは見られるのか?

さて、最大の問題はツール・ド・フランスの配信があるのか?である。

まずこの点、ツール・ド・フランスの公式パートーナー配信メディアとして、GCNはASOと契約を交わしている。

ツール公式サイトではこのように公式な配信メディがリストアップされている。

© ASO



しかし、GCNがアプリを通じてのネットでの放送権を持つのは米国とカナダだけ。日本はJ Sportsだけが権利を有している。

結論を言おう。現時点では無理である。日本からGCNアプリでツールを見ることはできない。

GCNを運営するPlay Sports Network社の公式サイトでは、GCNによる日本での8月分の配信対象レースは次のようになっている。

  • 01/08/2020: Strade Bianche
  • 01/08/2020: Strade Bianche Womens
  • 05/08/2020-0/8/2020: Tour de Pologne
  • 05/08/2020: Milano-Torino
  • 07/08/2020-9/8/2020: Tour de l’Ain
  • 08/08/2020: Milano-Sanremo
  • 12/08/2020: Gran Piemonte
  • 18/8/2020-19/8/2020: Tour de l’Avenir Stages 5 & 6
  • 15/08/2020: Il Lombardia
  • 25/08/2020: Bretagne Classic – Ouest-France
  • 26/08/2020: GP de Plouay – Lorient Agglomération Trophée WNT
  • 30/08/2020: Brussels Cycling Classic



ツール・ド・フランスの名前はない。よって、現時点ではツールは無理である。見たいならばJsportsとの契約となる。

月別の今後の日本での配信対象レース

月別の配信対象レースを書いておく。7月14日時点での情報である。

8月

  • 8/1 Strade Bianche
  • 8/1 Strade Bianche Womens
  • 8/5~8/9 Tour de Pologne
  • 8/5 Milano-Torino
  • 8/7~8/9 Tour de l’Ain
  • 8/8 Milano-Sanremo
  • 8/12 Gran Piemonte
  • 8/18~8/19 Tour de l’Avenir Stages 5 & 6
  • 8/15 Il Lombardia
  • 8/25 Bretagne Classic – Ouest-France
  • 8/26 GP de Plouay – Lorient Agglomération Trophée WNT
  • 8/30 Brussels Cycling Classic

9月

  • 9/7~9/14 Tirreno-Adriatico
  • 9/11Grand Prix Cycliste de Québec
  • 9/12 80° Eurométropole Tour
  • 9/13 Grand Prix Cycliste de Montréal
  • 9/15~9/19 Skoda-Tour de Luxembourg
  • 9/16 Grand Prix de Wallonie
  • 9/26 Ethias Rapencross
  • 9/29~10/3BinckBank Tour

10月

  • 9/29~10/3 BinckBank Tour
  • 10/3~10/25 Giro d’Italia
  • 106 Binche – Chimay – Binche / Mémorial Frank Vandenbroucke
  • 10/7 De Brabantse Pijl – La Flèche Brabançonne
  • 10/10 Amstel Gold Race
  • 10/10 Amstel Gold Race Ladies Edition
  • 10/10 Ethias Polderscross
  • 10/11 Gent-Wevelgem in Flanders Fields
  • 10/11 Gent-Wevelgem In Flanders Fields Womens
  • 10/14 Scheldeprijs
  • 10/17 Ethias b-minecross
  • 10/18 Ronde van Vlaanderen – Tour des Flandres
  • 10/18 Ronde van Vlaanderen / Tour des Flandres Womens
  • 10/20 AG Driedaagse Brugge-De Panne Womens
  • 10/21 AG Driedaagse Brugge-De Panne
  • 10/31 Koppenbergcross

11月

  • 11/14 Ethias Leuven 
  • 11/28 Trofee Veldrijden Kortrijk

12月

  • 12/12 Trofee Veldrijden Scheldecross
  • 12/22 Ethias Essen
  • 12/23 Kasteelcross
  • 12/29 Azencross



以上。

なお、ツール・ド・フランスはじめ、パリ〜ルーベ、ブエルタ・ア・エスパーニャ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ、フレッシュ・ワロンヌは、JSportsでの配信となる。

よって、去年までは「JSports+DAZN」という組み合わせだったが、今年からは「JSports+GCN」となる。ロードレースしか見ないのであれば、DAZNの価格は高すぎた(NBAもなくなったし)とも言える。よって、今年からのほうがロードレースファンにはコスパがいい?

【追記】実際に使ってみた感想を書いたブヒ→GCNのアプリの感想・レビュー。ロードレースはきちんと楽しめるのか?



6 thoughts on “【続】GCN Japanのロードレース配信サービスについて。対象のレース、価格、日本語解説、ツールの配信は?

  1. GCNはロードレース難民の救世主ですね。偉い!
    ワタシはアプリはDLしましたが、有料についてはキリのいいところで8/1のストラーデ・ビアンケからにします(起算日が入会日から1年間ということなので)

    1. いやーほんと、DAZNのショッキングでファッキンな撤退のおかげでストラーデ・ビアンケなどがもう見られないのかと、心配で心配で夜も寝られない日々が続いていたブヒが、
      GCN・土井ちゃんのおかげでなんとかなりそうで一安心ブヒね。

      あとはツールやパリ~ルーベなどもやってくれれば・・・
      低画質&現地の実況垂れ流しでもいいから・・

      1. しばらくはJスポとの両面張りでしょうねぇ。
        それにしてもDAZNがロードレースから手を引いた後、Jスポは獲りにいかなかったのはなんででしょうね?
        ジロはもちろん、ストラーデ・ビアンケや他のクラシックなどJスポが欲しそうなのが目白押しだったのに…

        1. たぶんDAZN撤退が突然すぎて、資金集め(書類づくり)とか経営戦略の変更とか利益の予想とかマーケティングとかの計画づくりが追いつかなかったのかもブヒね。

          1. 確かに突然のことでしたから、2020年の事業計画が固まった後であればおいそれとは手は出せないでしょうねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください