ロードレースのジロ・デ・イタリア

奇襲成功!?2021ジロ第20ステージの結果

泣いても笑っても今日の第20ステージでジロの山岳ステージは終わり。明日はいよいよ最終日の個人タイムトライアルのみ。ベルナルの王座は安全圏のまま最後の山岳ステージだが、注目はサイモン・イエーツ vs ダミアーノ・カルーゾの総合2位争いだ。

第20ステージのコース

ロードレースのジロ・デ・イタリア

登場する山は全て1級山岳というヤバイステージ。2つ目の山を終えての下りも危険な香りがする。そして下り終えてからの最後の山で決着がつくだろう。

バーレーンがまさかの奇襲攻撃!?

残り50㎞あたりで、逃げ集団に大きな転機が訪れる。

ロードレースのジロ・デ・イタリア

まずこのようにチームDSMがエースのロマン・バルデを連れて合流する。ステージ優勝を狙うのと、そしてあわよくば表彰台を狙うか?

総合3位になるには4分差をひっくり返す必要があるが、展開次第で可能性はゼロとは言えない。また、仮にそれが不可能でもバルデの上にいるウラソフとのタイム差を逆転させることは可能なレベルだ。

だがブタは次の画面に驚いた。

なんとバーレーンが先手を打ってきた!ビルバオがカルーゾを連れてこの逃げに合流してきたのだ!うおおおお!!

まだ50㎞もあるのに!これは熱い展開!

イネオスとベルナルにしてみれば、カルーゾとのタイム差はまだまだ安全圏。無理に急いでカルーゾを追う必要はない。また仮にカルーゾからタイムを奪われてもある程度ならば痛くない。そもそも明日のTTでもベルナルのほうが強いだろう。それになんといってもチーム力が違う。

よってイネオスはあまり慌てる必要がない。

慌てるのはサイモン・イエーツとバイク・エクスチェンジだろう。なにせイネオスにペースづくりを任せてのんびりしていると、カルーゾにタイム差をつけられてしまうおそれがある。せっかく昨日タイムを奪ったのに。

もちろんバーレーンはそれを狙ったのだろう。完全にバイク・エクスチェンジを出し抜き、有利な展開に持ち込んだ!

そしてカルーゾとバルデはアシストとともに最後の1級山岳へ。

これまで献身的に尽くしてくれた相棒のビルバオに感謝を伝えるカルーゾ。おそらく本人もこれでさらに気合が入ったのではないか。エースとして絶対にビルバオの働きを無駄にできない!

カルーゾはバルデと二人でゴールへ突き進むが、やがてバルデが遅れていきカルーゾの独走へ。

そしてその後方ではいつものようにイネオスの最終アシストのダニエル・マルティネスがベルナルを引き連れ、登りでカルーゾとの差をつめていく!そこにジョアン・アルメイダとサイモン・イエーツがついてく。

だが残り1.5㎞をきると・・・

ロードレースのジロ・デ・イタリア

サイモン・イエーツが遅れる!昨日強さを見せたばかりなのに・・・

そしてこのあとダニエル・マルティネスからついにベルナルが発射。アルメイダも結局ついていけずじまい。

逃げるカルーゾと追うベルナル。ベルナルとしてはカルーゾに負けてもまだまだ余裕のタイム差。本気でステージ優勝を狙う追撃なのか、それとも単に必要以上のタイム差を奪われないようにするだけの加速なのか・・・

そんな最後のゴールの動画はこちら。

カルーゾの、いやバーレーン・ヴィクトリアスというチームの勝利!

しかもカルーゾは中間スプリントもとっているため、数秒だがボーナスタイムも確保している。

33歳のカルーゾはこれまでグランツールでチームTT以外にステージ優勝がなかった。そういう意味では実質的に彼個人の初めてのグランツールでのステージ優勝といって良いだろう。

カルーゾは2014年にブエルタ・エスパーニャで総合9位フィニッシュというものがあるが、それ以外はここまでグランツール表彰台争いにはあまり絡んでいなかった選手。そしてすでに33歳。

だが昨年のツール・ド・フランスで総合10位フィニッシュ。そのとき彼の中で何かが再び目覚めたのかもしれない。32歳で何かが覚醒したか?

そして今年ついにこの偉業だ。さすがにベルナルを逆転するのはもう99.9%不可能だが、サイモン・イエーツからタイムを奪うことに成功したので、総合2位をキープできる可能性は非常に高くなった。サイモン・イエーツは決してTTが強いわけではないので、明日のサイモン・イエーツとの激突でもかなり有利になったといえるだろう。

もう今日のバーレーン・ヴィクトリアスは見事としかいいようがない。

今日のステージの結果は次のようになった。

ロードレースのジロ・デ・イタリア

カルーゾは昨日サイモン・イエーツから奪われたタイム以上の差をつけることに成功。昨日の段階で20秒差近くまで迫られたが、今日は50秒以上の差をつけることに成功。

しかも上述のように中間スプリントでもボーナスタイムを、そしてステージ優勝によるボーナスタイムも加えて、対サイモンで大きく優位に立った。

そして今日の結果を踏まえて総合順位は次のようになった。

総合順位トップ15と各賞ジャージ

順位選手名チームタイム
1 Egan Arley BERNAL GOMEZ INEOS GRENADIERS 85:41:47 00:00
2 Damiano CARUSO BAHRAIN VICTORIOUS 85:43:46 01:59
3 Simon Philip YATES TEAM BIKEEXCHANGE 85:45:10 03:23
4 Aleksandr VLASOV ASTANA – PREMIER TECH 85:48:54 07:07
5 Romain BARDET TEAM DSM 85:49:35 07:48
6 Daniel Felipe MARTINEZ POVEDA INEOS GRENADIERS 85:49:43 07:56
7 Hugh John CARTHY EF EDUCATION – NIPPO 85:50:09 08:22
8 João ALMEIDA DECEUNINCK – QUICK-STEP 85:50:37 08:50
9 Tobias S. FOSS JUMBO-VISMA 85:54:26 12:39
10 Daniel MARTIN ISRAEL START-UP NATION 85:58:35 16:48
11 George BENNETT JUMBO-VISMA 86:06:42 24:55
12 Koen BOUWMAN JUMBO-VISMA 86:12:51 31:04
13 Pello BILBAO LOPEZ DE ARMENTIA BAHRAIN VICTORIOUS 86:17:58 36:11
14 Lorenzo FORTUNATO EOLO-KOMETA CYCLING TEAM 86:25:56 44:09
15 Attila VALTER GROUPAMA – FDJ 86:26:38 44:51
マリア・ローザ(総合首位)Egan Bernal
マリア・チクラミーノ(ポイント賞)Peter Sagan
マリア・アッズーラ(山岳賞)Geffrey Bouchard
マリア・ビアンカ(ヤングライダー賞)Egan Bernal

ついに最終日:第21ステージのコース

ロードレースのジロ・デ・イタリア

明日(最終日)の個人TTはこのようにほぼほぼド平坦。総合上位勢の中ではアルメイダが一番TT能力が高そうだが、ベルナルも決して弱くはない。カルーゾも無難にまとめることができれば総合2位はキープできるはず・・・

一方でステージ優勝の大本命はやはり世界王者フィリッポ・ガンナだろう。今日はちょっと早めに仕事を終えた感があるのは、明日への調整のためか?

2 thoughts on “奇襲成功!?2021ジロ第20ステージの結果

  1. 見事でしたねバーレーン!
    引きを終えたビルバオの背中ポンポンしたカルーゾの姿にもグッとくるものがありました。
    後はTT残すのみですが、今年のティレーノ〜アドリアティコでのTTだと
    カルーゾ/52秒遅れ(46位)
    ベルナル/55秒遅れ(53位)
    サイモン・イエーツ/59秒遅れ(64位)
    なんですよねぇ。さてさてどうなるか、見逃せないですね。

    1. だいたいそのとおりになったブヒね。
      ベルナルは限界まで追い込んで走ってたというよりはミスしないよう走っていたような感じがしたブヒ。

      ベルナルとイエーツはまぁ来年もこれまでどおりとして(?)、個人的には来年カルーゾがどうするのか、チームが彼をどう扱うのかそこらへんに興味があるブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください