ロードレースの移籍情報

ピーター・サガンのDeceuninck-QuickStep移籍はなし。ルフェーブルが明言

ピーター・サガンはひょっとしたらDeceuninck-QuickStepへ移籍するかも?と言われてきたが、Deceuninck-QuickStepのボス、パトリック・ルフェーブルがベルギー紙Het Nieuwsbladのコラム上で「ピーター・サガンと契約はしない」と明言した。

情報源:“Ik was geïnteresseerd in Sagan, maar niet aan de voorwaarden die op tafel lagen”

またルフェーブルはもう1つ重要な事実を明らかにした。それは、スペシャライズドとの契約を更新したこと。今後2027年までスペシャライズドがDeceuninck-QuickStepにバイクを提供し続けることになった。

海外メディアの「SAGAN WON’T JOIN DECEUNINCK-QUICKSTEP」という記事によると、上述のルフェーブルのコラムには、次のようなことも書かれているらしい。

1つ目は、ピーター・サガンが移籍する場合は、兄ユライ・サガン、エリック・バスカ(Erik Baska)、マツィエイ・ボドナル(Maciej Bodnar)、ダニエル・オス、メカニック2名、ソワニエ2名、広報マネージャー、ホスピタリティマネージャー、そして監督といった11名も同時にやってくることになる

2つ目は、もしそれらを受け入れるとDeceuninck-QuickStepというチーム中にもう1つのチームが存在することになるが、それはルフェーブルのチーム作りの哲学に反する

3つ目として、Total-Direct Energieに移籍するのでは?というルフェーブルの予測だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください