Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ウマ娘とロードレースの2023ストラーデ・ビアンケ

ウマ娘と50kmアタック!2023ストラーデ・ビアンケの感想、ハイライト動画、結果

2023ストラーデ・ビアンケの感想、ハイライト動画、結果

Share your love

個人的にパ~ルーベとともにロードレースの中で最も好きなレースがストラーデ・ビアンケ。昨夜はその2023年大会が開催された。このストラーデ・ビアンケによって個人的にロードレースシーズンが本格的に始まったなという感じがする。

もともとストラーデ・ビアンケはそれほど歴史があるレースではなく、2007年に始まった比較的新しいレースだ。その当時は違う名前だった。

しかし白く美しい未舗装路と牧歌的な緑の自然との対比がとても美しく、そしてまだ当時は珍しかったグラベルがたくさん登場するレースとして一躍人気レースとなり、さらには全盛期のファビアン・カンチェラーラが暴力的な強さで爆走したこともあり、若い大会ではあるもののまるでクラシックモニュメントに並ぶような大注目の大会へと成長した。

なお雨になればシクロクロスレースのように泥まみれ、雨のパリ~ルーベのような超過酷な本物の地獄へと一変するのも人気の秘密だ。

昨年のストラーデ・ビアンケもいろいろあった。なお勝ったのはタデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)。

今年のストラーデ・ビアンケには、ワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)もタデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)も出場しないが、マチュー・ファン・デル・プール(Mathieu van der Poel)、トム・ピドコック(Tom Pidcock)、ジュリアン・アラフィリップ(Julian Alaphilippe)、そしてドロッパーシートポスト使いマテイ・モホリッチ(Matej Mohoric )などなどを含めて錚々たる選手が出場する。

はたしてそんな2023ストラーデ・ビアンケを制したのは?

コース

女子レースはウマ娘登場で最後は激アツ!

そして女子レース最後の激坂とゴールシーンは激アツの展開!この差!

男子レースの感想・展開

トム・ピドコックがグラベルの下りで危険なアタック!

ゴールまで残り50kmとなったあたりの、グラベルセクター8のモンテ・サンテ・マリエでチームEFのアルベルト・ベッティオール(Alberto Bettiol)が登りで加速。それにクイックステップのアンドレア・バジオーリ(Andrea Bagioli)がついていく。

しかしその直後この二人をぶち抜いたのが東京五輪MTB金メダリストで前シクロクロス世界王者のトム・ピドコック(Tom Pidcock)!

乾いたグラベルの砂利道の下りという危険な区間でも攻撃!!

そしてピドコックに離されたベッティオールは・・・

ロードレースの2023ストラーデ・ビアンケ

🐷「おおおおおおおおおおおい!?」

一体何がったあったんや・・・映像に写っていない間になぜかベッティオールが地面に倒れとるやん!

この道路の逆サイドにはイネオスのマグナス・シェフィールド(Magnus Sheffield)がチームカーを待っていたので、この両者の間で何かがあったのか?まだまだレースはこれからというところでベッティオール残念すぎる戦線離脱!

最後のグラベル区間!ピドコックがギリギリのタイム差!

上述のように集団から抜けだしたピドコックは先行する逃げメンバーに難なく追いつき、追い抜く。逃げていたメンバーの中でただ一人、ジャイコ・アルウラのアレッサンドロ・デ・マルキ(Alessandro De Marchi)だけがピドコックに一人追いすがるも、途中でやはり突き放されて終了。

そこからピドコックの独走がスタート。しかし、後方の追走集団が少しずつ差をつめていく。

その追走集団にはユンボが今日もまたティシュ・ベノート(Tiesj Benoot)とアッティラ・ヴァルテル(Attila Valter)といった2名を送り込んでいる他、バーレン・ヴィクトリアスのマテイ・モホリッチ(Matej Mohoric )、アンテルマルシェのルイ・コスタ(Rui Costa)、グルパマFDJのヴァランタン・マデュアス(Valentin Madouas)、そしてトレック・セガフレードのクイン・シモンズ(Quinn Simmons)。

そして最後のグラベル区間であるセクター11 レ・トルフェにピドコックがやってくる。

観客がつめかけ大声援!ここはラルプ・デュエズか!?

このグラベルが終わってもまだ10km以上が残っていて、しかもゴール前ラスト1kmからはあの激坂が待ち受けている。選手の残った力次第では、その激坂では15秒差もあってないものになる可能性が高い。そう考えればギリギリのタイム差か?

そして追走もこのグラベル区間でふるい落としの動き。ユンボのヴァルテルが先頭で駆け上がる。

ここでピドコックと優勝争いをする資格を得たのは、ルイ・コスタ、アッティラ・ヴァルテル、ティシュ・ベノート、マテイ・モホリッチ、そしてヴァランタン・マデュアス。トレックのクイン・シモンズはここで力尽きてしまった。

この後注目したいのは、ユンボ・ヴィズマの二人(ベノートとヴァルテル)の動きだ。なにせ2名を揃えているのはユンボだけ。数は力。そしてピドコックとの差も十分つめられるだけの残り距離がある。

彼ら追走が全員でグダグダになれば話は別だが、彼らが牽制に入ったとしてもユンボは一人を先行させて揺さぶりをかけ続ければなんとかなる可能性は高い。

また最後の激坂まで追走がしっかり協力しあえばピドコックとの差は一瞬でゼロにできる。実際にピドコックとのタイム差が7~9秒となるレベルまで迫ることもあった。もちろん最後の激坂に向けて、いきなりピドコックを吸収してはいけない。まずは泳がせておくことがセオリーだ。

だがなぜかユンボがそれ以上動かない。ユンボが動かないので他のメンバーも動かない。案の定、ピドコックとの差が開き始める。10秒以内まで迫ったのにいつのまにか20秒、30秒の差となる。

この追走のグダグダはピドコックにとっては幸運そのものと言える。

そしてピドコックが、ストラーデ・ビアンケの象徴であるあの激坂へ!

東京オリンピックMTB金メダリストつえええええええええええええええ。

激坂でもピドコックは失速することなる力強いまま登りきってゴール。追走がたとえ背後に迫っても追いつけなかったかもしれない。さすが昨年のツールでラルプ・デュエズを制した男!

そして結局、ユンボ・ヴィズマは最後の何をしたかったのかがよくわからない。ひょっとしたら二人とも限界でどうしようもなかったのかもしれないが、先日のクールネ・ブリュッセル・クールネで見せたような巧者っぷりが今日は見られなかった。(過去記事:ベルギー石畳第2戦!2023クールネの感想・ハイライト動画・結果

ハイライト動画

結果(トップ10)

1Tom Pidcock INEOS Grenadiers1位との差
2Valentin MadouasGroupama – FDJ0:20
3Tiesj BenootJumbo-Visma0:22
4Rui CostaIntermarché – Circus – Wanty0:23
5Attila ValterJumbo-Visma,,
6Matej Mohoric Bahrain – Victorious0:34
7Pello BilbaoBahrain – Victorious1:04
8Romain GrégoireGroupama – FDJ1:18
9Davide Formolo UAE Team Emirates1:23
10Andreas KronLotto Dstny1:35
Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6590

2 Comments

  1. ポガチャルもそうでしたけど、ピドコックもグラベルで安定してトラクションをかけるのがうまいんでしょうね。そして、いつもながら下りが圧倒的に速い。
    ストラーデ・ビアンケは勝つべくして勝った感じですね。
    それに比べてQuick Stepはどうしてしまったのか…まったくいいところ無しというか…

    • トラクションはやはりシクロクロスやMTBの経験によるものかもしれないブヒね
      ユンボ勢のグダグダはあったものの、たとえそれがなくても追いつかれてからも最後の激坂で勝てそうなほどの強さだったブヒね。
      クイックステップはほんとどうして・・・

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!