Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースの2023クールネ~ブリュッセル~クールネ

ベルギー石畳第2戦!2023クールネの感想・ハイライト動画・結果

ユンボ・ヴィズマの2連勝なるか?2023クールネ~ブリュッセル~クールネの感想・ハイライト動画・結果

Share your love

2023オンループ・ヘット・ニュースブラッド(Omloop Het Nieuwsblad)で始まったベルギー石畳シリーズ。その第2戦が昨夜のクールネ~ブリュッセル~クールネ(kuurne-Bruxelles-Kuurne)だった。

オンループはまさにピュアクラシックハンター向けのレースだが、クールネはピュアスプリンター向けと言える。実際過去の優勝者には、マーク・カヴェンディッシュ(Mark Cavendish)、ディラン・フルーネウェーヘン(Dylan Groenewegen)、そして昨年のファビオ・ヤコブセン(Fabio Jakobsen)といった有名スプリンターもいる。

コース

感想・展開

残り50km。今日も逃げにユンボ・ヴィズマが2名。

残り50kmとなった時点で、逃げは以下の5名。

  • ティシュ・ベノート(Tiesj Benoot)
  • ネイサン・ファン・フーイドンク(Nathan Van Hooydonck)
  • マテイ・モホリッチ(Matej Mohoric )
  • タコ・ファン・デル・ホールン(Taco Van der Hoorn)
  • ティム・ウェレンス(Tim Wellens)

ポイントはやはり今日も逃げにユンボ・ヴィズマの選手が2名入っていること。ベノートとフーイドンクだ。

これを第1追走集団が1分30秒差で、そして第2追走集団が3分10秒差でそれぞれ追いかける展開。

残り15km:アレ?これやばいんじゃね?

そして残り15kmとなっても逃げの5名との差はあんまり縮まらず1分差ほど。最後の石畳区間はすでに過ぎており、あとは平坦基調の舗装路を走るだけの状況。

そうなると通常のロードレースのように10km1分の法則があてはまるわけだが、逃げ集団はしっかりローテーションしているが、追走集団からはどうも覇気が感じられない。

そして・・・

結局上の5名がそのまま逃げ切り確定で、その5名での勝負へ。ゴールまで4kmを切るとアタックのような、アタックでないような動きが連続する騙し合いがスタート。

ユンボが2名いるので有利だが、個人的にはマテイ・モホリッチ(Matej Mohoric )かも?と思っていた。

そんなモホリッチが一瞬、残り3kmぐらいのところで微妙に抜け出す瞬間があった。

ロードレースの2023クールネ

🐷「一気にいけぇぇぇ!」

と思ったのだが、

モホリッチ「あれ?誰も反応しないん?ワシそのままいくで?」

みたいに後方を確認して躊躇(?)をしていたように見えた。そして案の定追いつかれてしまった。

(ノ∀`)アチャー

そして最後は、下のようにやはり数的優位にあったユンボ・ヴィズマから、ティシュ・ベノート(Tiesj Benoot)がアタックを決めた。

ハイライト動画

結果(トップ10)

1Tiesj Benoot Jumbo-Visma1位との差
2Nathan van Hooydonck Jumbo-Visma0:01
3Matej Mohorič Bahrain – Victorious,,
4Taco van der Hoorn Intermarché – Circus – Wanty,,
5Tim Wellens UAE Team Emirates,,
6Christophe Laporte Jumbo-Visma0:43
7Arnaud de Lie Lotto Dstny,,
8Jordi Meeus BORA – hansgrohe,,
9Fabio Jakobsen Soudal – Quick Step,,
10Jasper Stuyven Trek – Segafredo,,
Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6429

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!